このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




<   2007年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧
 

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 仙台-1 ■ 
2007年 07月 16日  
文・写真  吉川由美 & 柴田修子 「夏の旅」 仙台スタッフ
 
夏の嵐とともに夏の旅も北上。
仙台でみなさまをお待ちしています。
会場のせんだいメディアテークのまわりには、一度は行ってほしい仙台名所がいっぱい。
メディアテークの目の前は定禅寺通りという美しいケヤキ並木や光のページェントで有名な通りです。クロチェッティの「水浴の女」などを見ながら緑道を歩くと、両側に素敵なショップやギャラリーやレストランが並んでいます。
e0114540_11413067.jpg
そしてかわいいペットたちにもよくすれ違う。

一押しはメディアテーク斜め向かいのデザイン・ショップ「international」。あの世界的プロダクト・デザイナー木村浩一郎氏がオーナーを務めるショップです。彼がデザインした漆器は、ショッキングピンクだったり、ラインストーンがあしらわれていたり。ニューヨーク近代美術館、フランクフルト近代美術館のパーマネント・コレクションです。
e0114540_11415875.jpg


この並びにはオイスターバー、甘栗屋、老舗の:ケーキ屋さんが集中しています。

「かきや」
美味しい牡蠣(かつては牛タンなんかより仙台は牡蠣が有名だった)と焼酎が楽しめるオイスターバー。ランチはマグロ漬け丼やカキ丼、穴子丼、三色丼(ウニ、いくら、まぐろ)などもやっていて、これがまた美味しい!
最後の一口を食べ終わると、楽しみが終わった感じがしてとっても淋しくなってしまいます。。。
メディアテークの真向かいなので、さくっと1杯もいいかもしれないですね。
e0114540_11422734.jpg


「甘栗屋さん」
コロリン。道端に今日も一粒転がっていました。
イシイの甘栗屋さんの前を通ると香ばしい甘い香りが漂って、ついつい食べたくなってしまいます。
甘栗は栄養も高いので、疲れている時にも良いですよね。
時々店頭に試食が置いてあるので、お味見もできるよ。
e0114540_11425674.jpg


そのとなりには老舗ケーキ屋「甘座」(あまんざ)
ここのエクレアはとっても有名。
プリンが好きという人も、スクエアなチョコケーキがおいしいと言う人も。

このほかガラス工芸の店などもあります。
ちょっと早めに来て、お楽しみください。


[PR]
by dahadahay | 2007-07-16 00:43 | 宮城県 仙台市

★★「夏の旅」お詫びとFAXナンバー訂正のお願い★★
2007年 07月 16日  
「夏の旅」東京にご参加の方々へ

先日は門仲天井ホールにお運びいただきありがとうございました。
向井山朋子「夏の旅」は仙台を経て、明日は山形県白鷹町での開催です。

さて、先日東京会場でお渡しした、向井山朋子の次なるプロジェクト「wasted」のsignup用紙に記載されたFAX番号の末尾が誤っておりました。

このMLをご覧の方で用紙をこれからご返送される場合には、
(正) FAX 03-3820-8646 まで送付をお願いいたします。

また、先日お越しいただいた方の中でお知り合いの方がいらっしゃいましたら、この文面をご転送ください。
訂正告知にどうぞご協力をお願いいたします。

心からお詫び申し上げます。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-16 00:10 | 東京都 門仲

2007年7月14日 東京公演 2日目 (速報)
2007年 07月 15日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

雨。台風が近い。

“雨の音が愛おしく感じた。雨が以前はこんなに愛しかったかな。”
                     向井山 朋子 (Artist Talk にて)



開演ぎりぎり。桟敷席までいっぱい。
こんなに近い場所で、ピアノ演奏を聴ける、ピアニストを感じられるコンサートを見るのは初めて。

「向井山朋子」を準備万端で待っているように見えるピアノ。ピアノが生き物みたい。
e0114540_10191.jpg


窓の外で時折、夜の街の明かりが揺れていた。
その「光の揺れ」が、曲の波動と重なっているかのような幻想的な場面が印象的。
e0114540_056824.jpg



演奏終了後の「向井山朋子」はまるで花嫁のようであった。
今日はアオザイのようなドレス。CoSTUME NATIONAL
e0114540_104372.jpg


立ち去る瞬間。。。
e0114540_112433.jpg


演奏終了後はデザイナー菱沼良樹氏(Yoshiki Hishinuma)を迎えてのArtist Talk。

e0114540_113698.jpg

e0114540_114945.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-15 01:00 | 東京都 門仲

2007年7月13日 東京公演1日目 (速報)
2007年 07月 14日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

東京は蒸している。

門仲天井ホールに到着。
e0114540_2103410.jpg


門仲天井ホール8Fから見える景色。
e0114540_2105838.jpg


リハーサル後の向井山氏にバッタリ。まるで、何かを出し切ったかのような充実感と脱力感を少し漂わせる。

開場直後のホールの静けさ。
e0114540_211871.jpg


本番用ドレスに着替え、ホールに現われた「向井山朋子」には、先程の汗は感じられない。


<< 演奏 >>


演奏と後藤繁雄氏とのアフタートーク後の向井山 朋子氏。
本日は Victor en Rolf のドレス。
長時間ピアノを弾く体力を持つ必要性があるので、ピアニストはアスリートのようである。
168cm以上の長身で華奢に見えるが、弾く姿は力強い。


e0114540_2121572.jpg


e0114540_2122912.jpg



● AAF通信でのレポート ↓
http://www.asahi-artfes.net/report/?p=13
[PR]
by dahadahay | 2007-07-14 02:14 | 東京都 門仲

札幌の地下鉄音
2007年 07月 13日  
文     柴田 尚 「夏の旅」 札幌スタッフ
音編集  大黒 淳一 「夏の旅」 札幌スタッフ



向井山さんに送った札幌の音をひとつ紹介します。

コンサート会場のPATOSが地下鉄駅構内にあり、おまけに交通局の倉庫だったこともあって、すぐに思い浮かんだ音です。

あまり、他のまちの地下鉄で聞いたことのない「キュン、キュン」という近未来的な音がします。

札幌の地下鉄は、1972年のオリンピックのときにできました。調べてみると世界で初めての本格的なゴムタイヤの地下鉄だったようです。この独特の音はゴムとレールの摩擦の音だと思います。

http://www.city.sapporo.jp/st/subway.html

今回、何人かが録音にチャレンジしてくれました。

それで、わかったこと

・ どの駅でもよく聞こえるわけではない。
・ 入って来るときに聞こえやすい駅と、出て行くときに聞こえやすい駅がある。

など、駅によってかなり差があることがわかりました。

たぶん、空間の形や車両の種類によって違うのでしょう。


ちなみに札幌の音について何を思い浮かべるかを、MIXIの「さっぽろ」コミュニティで聞いてみたところ

・ 時計台
・ 市電
・ 地下鉄
・ 大通りの喧騒

など一般的なイメージのほかに

・ 雪を踏む音

などの雪国独特の意見もありました。

個人的には

・ 田舎と都会が入り交じった音

という抽象的な意見が印象的でした。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-13 14:19 | 北海道 札幌市

wasted in プラハ
2007年 07月 11日  
文・写真  向井山 朋子

夏の旅の準備の合間を縫って2日間でチェコの首都、プラハに行ってきた。2009年に発表予定のインスタレーションプロジェクト、wastedのロケーションを訪れるためだ。ちょうど開催中のプラハビエンナーレも観覧することができた。

開催地となる Thamova Hallはもともと今世紀初頭に建てられた工場で、壁のない7000平方メートルの巨大な箱だ。少し黄色がかった古いガラス窓から柔らかい日光が降り注ぐ。
地元の経済人から2009年の春、wastedの発表ために好きなように使っていいという、ありがたいオファーをいただいた。


wasted(無駄にされた、だめになったの意)は12,000人の世界中の女性に参加を呼びかけて行う、月経血の印のついた12,000着の白い絹のドレスのインスタレーションプロジェクトだ。
タイトルはむしろ逆説的、無駄になったものなど何もない。
かつてのこの鉄骨工場に、しみの付いた白い無数のドレスが一人一人のいとおしい物語を紡ぐだろう。


それにしてもこんな贅沢な空間、ほんとうにわたし一人で使っていいのかな?

e0114540_013432.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-11 00:10 | 現在進行形の向井山朋子

北海道新聞 (7月10日 夕刊) に載りました!
2007年 07月 10日  
e0114540_18232337.jpg
↑ 画像をクリックすると拡大表示となります。



■ 『夏の旅』札幌プロジェクト   Sapporo/Hokkaido  ■   最終地点

ターミナルプラザことにPATOS
‘ TERMINAL ’

 Friday, 27 July 2007   19:00開演   (18:30開場)

      料金 : 前売 2000円 / 当日 2500円
● お問い合わせ先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   (NPO S-AIR/エスエア内) TEL.011-820-6056

   お申し込み方法/住所、氏名、年齢、連絡先、枚数を記名し、
   下記までEメールかFAXでお申し込みください。

お申し込み先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   shibata@s-air.org     FAX.011-820-6057

   会場 : ターミナルプラザことにPATOS
    北海道 札幌市 西区 琴似1条4丁目 地下鉄琴似駅 B2F

    TEL 011-612-8383     FAX 011-612-6656
[PR]
by dahadahay | 2007-07-10 18:23 | 北海道 札幌市

meet the artist
2007年 07月 09日  
e0114540_21572244.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-09 15:47 | 現在進行形の向井山朋子

仙台おいしい食の情報
2007年 07月 08日  
文 きりゆき 「夏の旅」 仙台スタッフ

来る17日は杜の都仙台で、もっとも美しい場所のひとつ、せんだいメディアテークで「夏の旅」のパフォーマンスが見られます。まだチケットに余裕あり。仙台に来たら、おいしいものも楽しんでね。

通の店、教えちゃいます。


****仙台おいしい食の情報****

仙台に来たら牛タンでしょ!
仙台と言えば牛タン。数々の牛タン専門店があれど、厚みと柔らかさ、そして量が多く地元っこ定番と言えば「利休」。ここ最近すごい勢いで店舗を増やし、あっというまに何と20店舗もあるそうな! 仙台駅の「牛タン通り」にも店舗がありますが、会場からは一番町店が一番近いと思います。漬け物がめっちゃ辛いので要注意!

  牛タン炭焼き利休
  http://r.gnavi.co.jp/t121616/


ずんだもちって何から出来てる?
知ってる人も多数でしょうが(笑) 正解は枝豆です。

伊達政宗が枝豆を打って(豆打・ずだ)から名称がきたといわれています。こちらも仙台駅にもお土産物がありますが、おすすめは「源吾茶屋」。西公園の園内にあり100年以上を誇る老舗。建物も趣があります。ラーメンとセットになった茶屋セットがおすすめ!

  源吾茶屋
  http://rp.gnavi.co.jp/sb/3001307/


超居心地のいいおすすめカフェ*
広瀬川のせせらぎを聴きながら・・・♪

実は仙台はお洒落なカフェが多くしかもレベルが高いんです! カフェモーツアルトアトリエはそのなかでもおすすめのひとつ。老舗カフェの2号店で珈琲の味はさることながら雰囲気が最高。一見バラバラに見えるアンティーク家具や、庭から入る日差しが心地いい場所。大人のカフェといった雰囲気でしょうか。

  カフェ モーツァルト アトリエ
  宮城県仙台市青葉区米ヶ袋1-1-13
  TEL:022-266-5333
  営業12:00〜22:00 年中無休 月1回(不定期)
  http://blog.goo.ne.jp/kinoko-kiri/



◎ 魚介類も美味しいです!

仙台駅1階の北辰鮨のランチメニューの丼は3種のネタがどーんと乗って凄いボリューム!お腹いっぱいになりたい方におすすめです(笑)

魚屋さんが経営してるとあってネタの新鮮さも自慢!
http://r.gnavi.co.jp/t072000/


食に貪欲な仙台のきりゆきでした☆
[PR]
by dahadahay | 2007-07-08 22:58 | 宮城県 仙台市

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 岩手 ■
2007年 07月 08日  
文   神 麻子 「夏の旅」 岩手スタッフ


 猊鼻渓 

岩手県東山町(ひがしやまちょう)・・といえば、日本百景のひとつに数えられている猊鼻渓(げいびけい)!
ここは、東山町の中心を流れる砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷。

およそ100mの断崖が両側にそびえ、そそり立つ岩の間を澄んだ水がゆったりと流れています。ここでは約90分かけて、船頭さんが唄う「げいび追分」を聞きながら、雄大な景色を堪能できる船くだりが楽しめます。

夏の旅 岩手へ参加予定の知人グループは、この船くだりをスケジュールに組み込んでいるよう。

猊鼻渓は開催地いこいのKURAのすぐ近くなので、皆さまも是非、船くだり体験を!

こちらから料金や時間を確認できます⇒
http://www.machinet.jp/geibikanko/


 東山和紙  

平泉・藤原氏の時代から伝わる東山和紙。現在この伝統を受け継いでいるのは4軒のみ。そのひとつが猊鼻渓脇の紙すき館。

店内には様々な東山和紙が並んでいます。

ひっそりとしていますが、お店のずっと奥の方がおすすめエリア。ぽってりとしたやさしい顔の和紙がたくさん並んでいます。ふかふかした感触。和紙は良いですね。

お一人様1000円で紙すき体験もできます。乾燥中だった体験作品は、どれも色鮮やかで個性的。和紙だけど、もったいなくて使えませんね、きっと。

紙すき館はこちら⇒
http://www.shokokai.com/higashiyama/html/kanko/k04b.html



 華(レストラン)  

いこいのKURAの斜め向いにあるレストラン。
1か月分の日替わりランチ(630円)一覧がもらえます。お目当てのランチを狙う、というのが地元流。特大エビフライ定食の海老は大きさ24cm(!)との情報も・・・

すぐ近くに役場があるせいか、作業着姿の団体様が入れ替わり立ち代り・・・。みんな勝手知ったる、という顔をしています。

週刊誌やら漫画本が置いているごくごく普通のご飯やさんですが、気取らず、騒がず(?)こんなところもおすすめです。



 東山軒  

東山商店街にあるお菓子屋さんです。
地元産の小豆で作った「きんつば」が有名・・・ですが、こちらは小豆が新鮮な11月~5月までの期間限定発売商品。残念ながら今の時期は販売していないとのこと・・・。
う~ん、そういわれると、食べたくなるのです。

これを聞いてから「きんつば」のことがとても気になっています。

同じくどうしても気になる方は、当日ご相談ください(笑)
[PR]
by dahadahay | 2007-07-08 00:40 | 岩手県 一関市

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top