このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
 

頭の中で交差する 今と200年前
2007年 06月 30日  
文  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

1年くらい前のことだが、シューベルト似の男性に半年くらい口説かれ続けた。
眼鏡をかけ、カーリーヘアーでぷっくりし、でも、背は高いイギリス男性。
オーストリア人ではない。

その男性はArtistであり、勉強は熱心だったが、彼の作品にも惹かれなかったし、彼女もいたのに口説く男として、この件は、私にはどうでもいいことだった。

こんなことは通常忘れ去られてしまうことだが、シューベルトのことを考えると、連想ゲーム方式で時々思い出す。
そして、このイギリス人のおかげか、200年前の人物が、ついこの間まで生きていたかのように感じる。肖像画を通して今見ることのできる、シューベルトの「感情の出ていない表情」だけではなく、笑い顔、真剣な顔が想像できるからであろう。。

「シューベルトの早い死を どうにかできなかったのであろうか。。。」と ふっと思う。

シューベルトは内的衝動から作品を書き、パトロンからの依頼をとることではなく、つまり、パトロンに依存せずに(できずに)、出版社に依存した。指揮者や音楽監督のような市民社会での保証を得る試みに失敗したのは、市民的な生活の束縛への妥協ができなかったのかもしれない。。完全に自由に制作したいという内的衝動があまりに強かったから。

友人の宿をつぎつぎ泊まり歩いたり、時には下宿をしてみたり、あるいは地方貴族に雇われての数ヶ月の家庭教師。。。自分をどこにいても“よそものだ”を感じていた人の音楽とも言われている。

シューベルトが結婚していたら、何か変化はあったであろうか?
定住し、家庭のためのエネルギーは 作品にどんな影響をもたらしたであろうか?

「もし、人(男)が、真の男友達を持つなら幸せである。 自分の妻に真の友人を見いだせるならより幸せである。」とシューベルトは書いている。

シューベルトには心に秘めた女性がいた。
残念ながら当時は、シューベルトクラスの若者が、家族を養う十分な収入の証拠なしでは結婚ができない時代であった。
メッテルニヒ政権によって1815年3月には公表された厳しい新法律では、シューベルトのような“school assistant(教員アシスタント)”として公的書類に載っている身分では結婚できなかった。

ウィーンに住む者で、
【貴族。官僚・公務員。大学院資格、など上級学位所有者。(公立学校や教育機関の教授や教員。) 弁護士(弁護士事務所で働く人。) 大家、地主。会社や工場所有者。】
これらに属する人々は、当局から結婚許可を必要としない。それ以外は結婚前に許可を申請すべし。

この枠で言うなら、私も結婚できない。


吉田秀和氏は「誰から注文されたわけでもないのに、音楽を書き、いつ演奏されるというあてもないのに音楽を書くということは、モーツァルトにも、ベートーヴェンにも、非常にまれな場合のほかには考えもおよばないことであり、彼らの作品は社会の中で消化される仕組みの中にあった。」 

シューベルトの作品は、溢れ出てくるにもかかわらず、当時の社会で消化されず。
シューベルトは、家庭という内なるものも、新法律などの社会状況ゆえ築けず。
さらに、極めつけは、治る見込みのない病にかかる。

その絶望感が、音楽を通して昇華されているかもしれないことに、あらためて様々なことを考えさせられる。
そして、これを書きながら、ゴーギャンを思い出す。
社会と家庭の両方で絶望感を持つ芸術家は時に、美しい作品を生み出す。。
このギャップは、実はここ数年気になっていることである。。



参考文献 : 
・ シューベルト ―音楽的肖像― アルフレート・アインシュタイン著、 浅井 真男 訳、 白水社
・ 吉田秀和作曲家論集 2 Franz Schubert、音楽之友社
・ The Peacock’s Tale : Schubert’s Sexuality Reconsidered, Rita Steblin, 19th-Century Music, Vol.17, No.1, Schubert (Summer, 1993), P.6.7

[PR]
by dahadahay | 2007-06-30 21:23 | スタッフ 彼是

this is not art #4
2007年 06月 28日  
by Giacometti x Kiriko
e0114540_22202130.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-28 22:21 | 現在進行形の向井山朋子

大きな円の弧をイメージすること
2007年 06月 27日  
文  梅坪 弥代 「夏の旅」札幌スタッフ
写真協力 S-Air

2003 年9 月に、向井山朋子氏は、「リビングルーム」(写真)というアットホームな ミニディナーショーを、札幌のギャラリー門馬で開催しました。
e0114540_19592073.jpg

そこでは、向井山氏自らがオードブルやスープを調理し、訪問客に振舞いつつ、レシピなどを紹介しながら、訪問客とともに、味見し、飲み、おしゃべりし、ピアノを弾きました。 その時のブラジル産の小麦粉で作った、ブラジル風パンは非常に好評だったとのことです。
e0114540_19595578.jpg

e0114540_19594223.jpg

e0114540_19593292.jpg


そのギャラリー門馬の主宰者であり、美術家の門馬よ宇子さんがこの6月18日に永眠されました。

50代で本格的に美術に目覚め、北海道をリードする女流画家として活躍し、80歳を越えギャラリー門馬を設立、晩年は若手芸術家への支援など、北海道美術シーンの発展に情熱を注いだ方と聞いています。

私は一度しかお話していませんが、 10 代から30 代の40人以上もいる熱気あふれる若者の中で融けこんでいる門馬さんを見ました。門馬さんの考え方のエネルギー、体から出るエネルギーは芸術家、芸術に惚れ込んだ人たちの中で 融けこんでいました。

お話した際、若さや「嬉」を香らせていた門馬さんに励まされたことが印象的でした。

この仕事に携わるキッカケも、シューベルトの曲が使用される、ということと、「リビングルーム」の会場がギャラリー門馬であったことが大きな要因です。

今日の読売新聞( 2007年6月26日付 朝刊 )を読みながら、門馬さんを思い出しました。

日野原 重明氏によると 
"父がロバート・ブラウニングというイギリスの宗教詩人の「大きな円を描きなさい。そして、その弧になりなさい」という詩の一節が好きだった。小さな円は自分が生きているうちに完成できるけど、それよりも、大きな円を描いてその弧になれば、あとからだれかがその弧を伸ばしてくれるでしょ。僕もそんな生き方を目指しているの。"
~ 14面 「時代の詳言者」より~

[PR]
by dahadahay | 2007-06-27 12:52 | スタッフ 彼是

河北新報 (6月26日 夕刊)に載りました!
2007年 06月 27日  
e0114540_23202690.jpg
↑ 画像をクリックすると拡大表示となります。

[PR]
by dahadahay | 2007-06-27 00:02 | 山形県 白鷹町

Did Jusus have a beard?
2007年 06月 26日  
film Dick Tuinder, Aryan Kaganof & Tomoko Mukaiyama
文  向井山 朋子

昔の話だから書いてしまうが、この作品を一緒に作ったAryan Kaganof はアムステルダム時代、深ーくドラッグに浸っていた。マリファナなどの軽ドラッグだけではなく、非合法の粉、煙、錠剤、液体、体に入れられるものは何でもやっていたようだ。
当時はイアン・ケルコフという名前で映画を作り、日本でもファンクラブがあったくらいだから、ご存知の方も多いと思う。
現在は拠点を南アフリカ、ヨハネスブルグに置き、映像作家、詩人、美術家、音楽家として、また最近は世界中のアート仲間、我が家の記梨子も参加しているart blogの出版、と実に幅広い制作活動を行っている。

数年前には、3日間睡眠を取らずに美術館の壁中にテキストを描き続ける展覧会を自ら企画するなど、驚異的な精神力の持ち主だ(ちなみに彼は何年も前にクリーンになったので、ドラッグのせいではありません)。
そんなAryanとずっと前から計画している共同プロジェクトがある。ピアニズム。夜更けから翌日の夜更けまで24時間、ピアノという楽器、ピアノ音楽、文学の中でのピアノ、ピアノにまつわるありとあらゆるはなしを即興で描き出す、映像、文学、そして音楽のパフォーマンス。観客ももちろん24時間ともにするのだから不思議な体験になるだろう。が、何しろ私は十分に睡眠をとらないと演奏できない(当たり前か)体質なので、何かと理由を付けて延期している。確かにロマンチックな作品になるに違いないが。


Did Jesus have a Beard ?


[PR]
by dahadahay | 2007-06-26 22:30 | 現在進行形の向井山朋子

this is not art #3
2007年 06月 25日  
写真  向井山 朋子

e0114540_195372.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-25 19:05 | 現在進行形の向井山朋子

this is not art #2
2007年 06月 24日  
写真  向井山 朋子

e0114540_2037619.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-24 20:37 | 現在進行形の向井山朋子

this is not art #1
2007年 06月 23日  
写真  向井山 朋子
e0114540_14231087.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-23 14:23 | 現在進行形の向井山朋子

<『夏の旅』東京公演> 追加公演のお知らせです。
2007年 06月 21日  
e0114540_1918345.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-21 15:08 | 東京都 門仲

ピアニストによる作品の創造~向井山朋子の行方をめぐって (1)
2007年 06月 16日  
文  藤井明子 (愛知芸術文化センター愛知県文化情報センター主任学芸員)


 向井山朋子は、西洋クラシック音楽の延長線上にある現代音楽の作品を得意とするピアニストだが、それ以上に「変わった」ピアニストとして知られている。それは、彼女のコンサート、とりわけソロ・コンサートが、演奏空間やプログラム構成、衣裳などの点で通常とはかなり異なっているためである。具体的には、彼女は千匹もの金魚の泳ぐ空間でピアノを弾いたり、自分の髪や陰毛の映像を投影した空間で演奏したり、大胆に肌を露出させたボディコンシャスな衣裳や裸足で演奏したりする。

 向井山は、武蔵野音楽大学、アメリカ・インディアナ大学、オランダ・スエーリンク音楽院で研鑽を積み、1991年に国際ガウデアムス演奏家コンクールで優勝した後、演奏活動を開始した。多数の音楽祭に招待されて新作の初演を行ったりオーケストラと共演するほか、MERZBOW(ノイズ・アーティスト)、伊藤キム(舞踊家)、デジタルPBX(建築家)、イアン・ケルクホフ(映像作家)など多数の異ジャンルのアーティストとのコラボレーションを重ねている。・・・という略歴を見る限り、現代のピアニストらしい経歴である。そんな彼女が、ソロ・コンサートではなぜ「変わった」形を試みるのか。私は機会あるたびに彼女にインタビューを重ね、その意図を探ってきた。その結果、極端に言えば、向井山の活動を、ピアニストではなく、「ピアノの弾ける美術作家」とでも考えたほうが理解できると思うようになった。実際、2007年5月現在、彼女は自分のウェブサイト(注1)上の略歴に「世界の舞台で活動を続ける一方、近年アーティストとしてインスタレーション作品を発表している」と表記している。私の知る限り、2006年春の時点ではこの表記はなかった。この1、2年間で彼女自身、活動の方向性がより明確になってきた結果、こうした表現に改めたのだ。

 もちろんジャンルに囚われることなく活動するアーティストということでいうと、古くから数え切れないほど多いし、音楽と美術の境界領域で活動するアーティストも少なくない。水野みか子は、1990年代の日本の音楽界において、サウンドアートという広い概念で括られる動向があると指摘し、そこでは音楽と美術のジャンルに囚われることなく活動するアーティストと作品を多数挙げている〔水野みか子、2007〕。近年の向井山の変化の背後にもそうした動きがあることは間違いないが、ピアニストである彼女の音楽活動は演奏や作曲という従来からの音楽活動から離れ難いものであるし、彼女の変化はもっと別のところから生じているように思える。本稿では、向井山朋子というピアニストの2000年以降の活動の変化を取り上げ、現在彼女が立つ位置について考えることにより、これからのピアニストのあり方について考えてみたい。
[PR]
by dahadahay | 2007-06-16 00:39 | 現在進行形の向井山朋子

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top