このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 

“for you” について - 向井山 朋子HPより
2007年 03月 27日  
“for you”ストーリー


10年くらい前、その頃よく共演していたドイツ人のアコーデオンニストに面白い話を聞いた。彼はスカンジナビアでソロのコンサートツアーをしていたのだが、ある晩の演奏会が運悪くサッカーの試合と重なってしまい、開演になってステージに上がってみたら、ホールにはたった一人の女性の観客を除いては誰もいなかった。そこで彼は舞台から降りていって、彼女と握手して自己紹介をし、プログラムから一曲、彼女の選んだ作品を演奏した、というのだ。

―[音楽をどう知覚するか][音楽体験を空間とどう結びつけるか][音楽を媒介にした、従来とは違った観客とのコミュニケーションは可能か]という問いを近年のプロジェクトを通して投げかけてきた向井山朋子は、2003年秋、”for you’’というラディカルなコンサートをオランダ、ハーレムの市立劇場において発表した。

‘’for you’’はピアニストが一人だけの観客の為に約15分、演奏を行うリサイタルシリーズのタイトルだ。演奏時間が短い事と、複数の観客を対象としていない点を除いては、従来のフォーマルなコンサートと何ら変わりはない。
観客は例えば、11月3日16:20といった、まるで歯医者の予約のようなチケットを手にしてコンサート会場に足を運ぶ。しかしそこには観客と同体験を共有する友人、家族、評論家、録音などコンサートの証人となるようなものは何もない。
その空間には音楽、演奏者そしてその一人の観客がいる(ある)だけだ。
観客は一瞬のうちに、そこで聴かれ、感じられ、体験される音楽の受動、を可能にするのは自分だけだ、ということを理解する。さらに観客はその場所で、そこに座っている自分と自分自身の個々の内的体験の歴史、それまで培ってきた感受力のみがコンサートを成立させているという事実と対峙する。

ア-ティストから〈for you〉として発せられたメッセージは、〈about you〉という個々の観客自身の物語となり、音楽から静かに遊離していく。 
あわよくば〈for me〉となって演奏者に向かって語られるだろう。
閉じられた劇場の中で記録がとられる事なくドラマが綴られていく、
それが”for you”だ。

向井山朋子
e0114540_1325183.jpg


● オリジナルの英文 ●

About ten years ago, I heard a story from a German accordionist
with whom I used to perform a lot at that time. He was giving
solo concert tour in Scandinavia. At one night, however, the
concert was held unluckily on the same day when they had a big
football match, and when he showed up on the stage, there was
only one woman in the audience and no one else.
Then he walked down from the stage and shook hands with her
introducing himself and played one piece that she chose from the
program.

Through her latest projects, Tomoko Mukaiyama has been raising
the questions such as “How to perceive music”, “How to connect
musical experiences with space”, and “new communication with
audiences through the media of music differently from orthodox
concert”. In fall of 2003, Mukaiyama gave radical concerts titled
“for you” in municipal theater in Haarlem, Netherlands.

“for you” is the title of the recital series in which the pianist
performed for only single audience during fifteen minute-period.
Except the fact that the performance time is short and that the
targeted audience is not plural, the concert does not differ from
ordinary concerts at all.

For instance, an audience comes to the concert hall holding a
ticket stated at 4:20 pm, November 3, just as an appointment
with your dentist. However, there was not single witness of
the concert such as friends, family, critics and recording with
whom you share the experience in that space.

There exist only music, a performer and a single audience.
The audience instantly realizes that he/she is the only person
who makes perception of hearing, sensing and experiencing
the music there possible. Moreover the audience confronts
with the fact that only he/she, who is sitting there, and the
history of his/her inner experience, and the sensitivity he/she
has been acquired could complete the concert.

This is why the message, which has been sent out from the
artist as “for you”, possibly becomes the tale of individual
audience’s as “about you” and silently disengages from the
music. In the closure theater, there are two people telling
a story to each other without document– that is “for you”.

向井山朋子のHPをもっと読みたくなりませんか? 上記の画像はHPからですが、HPではより多くの画像や説明があります。

私は、彼女の生演奏に好奇心がそそられます。

横浜トリエンナーレに際して、向井山朋子インタヴューが下記のサイトで見ることができます。
■ 2005年10月7日 
向井山朋子“for you” -ピアノリサイタル
■ 2005年10月14日
横浜トリエンナーレ参加作家 ピアニスト 向井山朋子 来日インタビュー
[PR]
by dahadahay | 2007-03-27 23:47 | スタッフ 彼是

向井山朋子 活動記録
2007年 03月 26日  
文・画像   梅坪 弥代 「夏の旅」札幌スタッフ

向井山朋子氏の主なヨーロッパでの活動を図にしてみました。
e0114540_23522380.jpg

2007年4月、ネーザーランドダンスシアター(NDT)と一緒にツアーをしたバルカン半島(ブルガリアやルーマニアのある、ヨーロッパ南東部、地中海と黒海との間に突き出た半島)。
この時の記事は、ブログのカテゴリ、 「現在進行形の向井山朋子」 を選択すると、滞在地からメールで送られてきた向井山氏による記事を見ることができます。


e0114540_061362.jpg

日本でも、数々の興味深いパフォーマンスを行っています。
こう見ると、北海道と中部地方が今までは集中していたように見えます。
今回の「夏の旅」プロジェクトは、その中部と北海道を繋ぐ、星座のような線となっているのを実感。

今後、向井山氏の過去の活動(一部)を、このブログで紹介していく予定です。
[PR]
by dahadahay | 2007-03-26 10:12 | スタッフ 彼是

Remixing Schubert compositions on the piano, recombining the collected sounds within the composition
2007年 03月 06日  
 Yayo Umetsubo, 「Summer Journey」PJ Blog Administrator


TM-top.jpg


Artist as well as pianist, Tomoko Mukaiyama is going to the
north from Tokyo for two weeks in summer. There she will
perform a special concert, focusing mainly on the various
compositions by Schubert. Therefore, Schubert’s
‘Winterreise,’ that is, ‘Winter Journey’ gave this project the
title, ‘Summer Journey.’

It seems to be an orchestral concert, not with a violin and
cello, but with found collected sounds; for instance,
natural sounds such as cicadas buzzing and a river flowing,
or living sounds by such things as a train or a traffic light..

The sounds from the 5 different regions will be unique.
It’s neither a conventional piano concert, nor a concert with
mere sounds coming from all around during the concert.
It is a remix of the existing pieces with sounds from our
everyday lives.
After the sounds in each town or city are collected, she will
remix Schubert or contemporary compositions on the piano,
recombining the collected sounds within the composition.
Five characteristic places for the concert will be explained
later.

We will have a workshop before the concert for the purpose
of exploring this interesting idea. In this workshop, we will
collect the sounds, supposing that the found sounds would
be used in the concert or the participant could have an idea
to use them for his or her instrumental performance.

Imagine capturing the sounds in the suburban or urban like
capturing butterflies with a net. In conventional concerts,
we have to take a limited seat and just listen to the
performance. It seems to be passive. On the other hand, this
project would offer the audience the feeling participating
directly or indirectly in the concert if one imagines oneself
collecting sounds in our ordinary life, moreover, cooking
them for a performance.

Personally, after I heard of this project, I tended to observe
and listen to the sounds, not just let them pass. It is funny.
Although I had heard the sound of melting snow from the
roof for many years, I did not care for it. Now I find it
metronomic. I also find it comfortable for my ears.

Shall we join it?

e0114540_135023.jpg


This image is a Japan shaped grand piano.
Do you realise what the image suggests ?

[PR]
by dahadahay | 2007-03-06 19:59 | English Information

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top