このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
 

門仲天井ホールについて
2007年 02月 22日  
編集  梅坪 弥代 「夏の旅」札幌スタッフ

門仲天井ホールからの景色の写真です。
e0114540_1923554.jpg

江東区門前仲町にある門仲天井ホールは、首都高速の脇に建つ6角形で8階建ての細長井ビルの最上階にあります。
ワンフローア全体が、小さなホールになっているのです。

このホールは個人で加入できる全国組織の労働組合である全二本建設交運一般労働組合東京都本部の大会議室でした。
ビル建設を話し合う過程で、大会議室に組合員が文化の夢を育て、地域との接点の場になる多目的ホールの機能を加えることになり、コンクリートむき出しの何の装飾も施さない空間として設計されました。

組合員がイタリアに視察にいったところ、1階がバールで、最上階がホールの労働会館があり、そこがモデルになったそうです。

1989年にオープンした門仲天井ホールは、地元に密着しつつ、音楽や演劇に取り組み、15周年を迎えた時に、新しいアートセンターとしての役割を模索したいという目的で、アサヒ・アート・フェスティバルに参加しました。 

それ以来、ピアニスト向井山 朋子のコンサートも数回開かれています。


e0114540_23254688.jpg引用 : 「まちにアートの風が吹く」 から。
これは2005年に出版されたノートのような本。
NPOと企業が協働するアサヒ・アート・フェスティバルの試み、
活動が記されています。
ゆるやかな速度で、でも何か変化しつつあることを感じさせる
浸透する感じのする自然体の本です。

[PR]
by dahadahay | 2007-02-22 00:30 | 東京都 門仲

北海道 札幌市
2007年 02月 18日  
■ 『夏の旅』札幌プロジェクト   Sapporo/Hokkaido  ■   最終地点

ターミナルプラザことにPATOS
‘ TERMINAL ’

 Friday, 27 July 2007   19:00開演   (18:30開場)

      料金 : 前売 2000円 / 当日 2500円
● お問い合わせ先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   (NPO S-AIR/エスエア内) TEL.011-820-6056

   お申し込み方法/住所、氏名、年齢、連絡先、枚数を記名し、
   下記までEメールかFAXでお申し込みください。

お申し込み先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   shibata@s-air.org     FAX.011-820-6057

   会場 : ターミナルプラザことにPATOS
    北海道 札幌市 西区 琴似1条4丁目 地下鉄琴似駅 B2F

    TEL 011-612-8383 FAX 011-612-6656

   TERMINAL PRAZA KOTONI PATOS
   Kotoni Subway Station B2F, Kotoni 1-4,Nishi-ku,Sapporo
e0114540_028028.jpg

e0114540_23261280.jpg会場となるターミナルプラザことにPATOSは、区からアートNPOコンカリーニョが運営を委託されている地下鉄駅内にあるホール。
サブタイトルは‘ TERMINAL ’。旅の終着駅のイメージと交通機関に関係する会場のイメージをかけています。

* 1999年に地下鉄東西線が延長されるまでは、琴似駅が終点でした。
今回の企画で、札幌が最終地点ですが、何か縁があるのかもしれません。


札幌は地下鉄駅内のホールという都市環境を選んだが、車で少し走れば、山や川、海の音という自然にもアクセス可能な環境です。いわば、都市と自然の両方が生活圏の都市です。
シューベルトと札幌とのコラボはどうなるのかが期待!

e0114540_23265247.jpg

e0114540_232755.jpg

問い合わせ:
〒062―0901
札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12
インタークロスクリエイティブセンター401 NPO S-AIR
TEL:011-820-6056 FAX:011-820-6057
shibata@s-air.org

[PR]
by dahadahay | 2007-02-18 01:35 | 北海道 札幌市

岩手県 一関市
2007年 02月 17日  
■ 『夏の旅』岩手プロジェクト   Ichinoseki / Iwate  ■

「いこいの蔵」
猊鼻渓程近くの古い米蔵

 Monday, 23 July 2007   18:30開演  (18:00開場)

   料金 : 大人 前売 3000円 / 当日 3500円
         子供 前売 2000円 / 当日 2500円


   東山音楽振興会 いこいの蔵
   岩手県 一関市 東山町 長坂字西本町120-1

   
   120-1Nishimotomachi, Nagasaka Higashiyama-chou,
   Ichinoseki-city, Iwate-pref.
   Higashiyama Ongaku Shinkokai Ikoinokura
e0114540_044015.jpg

共催  :  東山音楽振興会
後援  :  みうじっくらんど・ドレミ音楽教室
        NPO法人いわて芸術文化技術共育研究所
問合先 : ぼうしレーベル  TEL 019-623-1727
       東山音楽振興会 TEL 0191-35-1260

e0114540_0332659.jpg

岩手県南部の山間地。船くだりで有名な猊鼻渓そばの蔵。
昔は地域の米蔵として使われていた場所です。
e0114540_0333566.jpg

e0114540_0334227.jpg

e0114540_0334972.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-02-17 01:46 | 岩手県 一関市

山形 白鷹町
2007年 02月 16日  
■ 『夏の旅』山形プロジェクト   Shirataka-machi/Yamagata  ■

滝野交流館

 Friday, 20 July 2007 18:30開演  (18:00開場)

   料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円

● お問い合わせ先 : 白鷹学講座事務局(白鷹町教育委員会内)
              TEL0238-85-6147
  チケット取扱所:
  [白鷹町]白鷹町教育委員会・中央公民館・各地区公民館・パワーセンター白鷹 
  [長井市]音楽AZM舘長井本店 
  [山形市]富岡本店

   会場 : 白鷹町・滝野交流館
   山形県 西置賜郡 白鷹町 大字滝野1011番地

   Shiratakamachi Takino Koryukan
   1011 Takino, Shiratakamachi, Nishiokitama-gun, Yamagata-pref.
e0114540_2352150.jpg

山形市から車で45分ほどの山間の町。
明治から昭和初期にかけて建設された小学校が今は廃校となり、公民館や町に所縁のある美術家のアトリエとして使われています。その体育館部分を会場として使用します。

e0114540_18444976.jpg


e0114540_18445926.jpg


e0114540_1845875.jpg


< 平成19年度 白鷹学講座 vol.3 >
共催  :  白鷹学講座企画委員会・白鷹教育委員会・置賜文化フォーラム
後援  :  白鷹町芸術文化協会
問合先 : 白鷹学講座事務局 (白鷹町教育委員会内)
       TEL 0238-85-6147
[PR]
by dahadahay | 2007-02-16 01:48 | 山形県 白鷹町

宮城県 仙台市
2007年 02月 15日  
■ 『夏の旅』仙台プロジェクト   Sendai/Miyagi  ■

せんだいメディアテーク  1階オープンスクエア

 Tuesday, 17 July 2007    19:00開演  (18:30開場)

   料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
● お問い合わせ先 : DAHA Planning Work TEL022-267-6622
  チケット取扱所 : 141プレイガイド (141ビル4階) 
              藤崎プレイガイド (藤崎本館7階)

   会場 : せんだいメディアテーク
   仙台市 青葉区 春日町2-1

   Sendai mediatheque, 1F Open Square
   2-1, Kasugamachi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi-pref
e0114540_23433618.jpg


共催  :  せんだいメディアテーク
協力  :  はっぴい・はっぱ・プロジェクト
問合先 : DAHA Planning Work
       TEL 022-267-6622

e0114540_0312388.jpg


チューブを柱とする近未来的な建築空間を持つ美術、文化施設。
会場は、ホールではなく、街に連続する1階のオープンスクエア。

e0114540_0313337.jpg


e0114540_0314417.jpg


建築家・伊東豊雄氏が設計した「せんだいメディアテーク」の、あの海藻のようにゆらめく、ねじれ傾いた鋼管柱の溶接を担当したのは、気仙沼市にある高橋工業で、この会社の全身は江戸時代から代々続く造船所だそうです!!

1992年、それまでの「海」の仕事から「陸」の仕事へと転身し、以来、造船の多様な技術、とりわけ鉄板を思いのままに曲げる加工技術を生かして、新しい分野を切り拓いてきたそうです!

伝統的な技術と、現代のアイデアが調和した「せんだいメディアテーク」。ここでの向井山氏のコンサート楽しみです!

下記のサイトでは、気仙大工道具の一部や解説が紹介されています。
http://www.inax.co.jp/Culture/2004g/09list.html
[PR]
by dahadahay | 2007-02-15 01:49 | 宮城県 仙台市

東京都 門仲
2007年 02月 14日  
■ 『夏の旅』東京プロジェクト   Mon-naka/Tokyo  ■

門仲天井ホール

 追加公演     Friday, 13 July 2007   19:00開演 (18:30開場)
 売切      Saturday, 14 July 2007   19:00開演 (18:30開場)


   料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円

   会場 : 門仲天井ホール
   東京都 江東区 門前仲町1丁目 20-3-8F

   Monnaka Tenjyo Hall
   20-3-8F Monzen-nakacho, 1-Chome, Koto-ku, Tokyo 
e0114540_2342950.jpg

共催  :  門仲天井ホール<復P祭>プロジェクト
協力  :  AAFすみだ川アーツのれん会
問合先 : 門仲天井ホール
       TEL 03-3641-8275

    *****************************

ここ門仲天井ホールだけは、向井山氏、熟知の場所です。
e0114540_18341129.jpg

この二枚の写真は、昨年、ここ門仲天井ホールで向井山朋子ピアノコンサートが開かれた時のものです。

7月29日(土) 「ピアノ100% vol.2 in すみだ川」
7月30日(日) 「long night in すみだ川 コンサート/ディナー/パーティー」
e0114540_1835929.jpg


門仲天井ホールは、東京大空襲で焼け野原となった運河沿いの空き地で敗戦直後から仕事を求める労働者のたまり場だった所
[PR]
by dahadahay | 2007-02-14 01:51 | 東京都 門仲

ここで集まり、ここから一気に始まる
2007年 02月 12日  
文/写真 ・  「夏の旅」PJ 管理者 梅坪 弥代 

浅草にある、このアサヒビールの  アサヒ・アートスクエアで、初めて5つの街の企画担当者が集まりました。

e0114540_0352443.jpg


AAFネットワーク会議には数々の企画がありますが、東北と北海道を結ぶこのようなプロジェクトは初めての試みです。
[PR]
by dahadahay | 2007-02-12 07:57

夏の旅 ~シューベルトとまちの音~
2007年 02月 11日  
日本列島を北へ旅しながら、各地域ごとに街から集めた音を使い、ピアニスト向井山朋子がシューベルトを中心とした曲と、その現代の生活音や自然音をリミックスするプロジェクトです。

異なる会場の特色に加え、採集できる音の多様性、新旧様々の質を持つピアノなど地域の特色の差が多くある中で、ピアニスト向井山朋子が音と空間を一つの作品とします。

各都市で採集される音の違いや、「ピアノの音」と「身の回りの音」の出会いを感じに是非、会場にいらしてください。

Japan-map.jpg
           (↑ ● 会場 を Click !)


   ◆ 各地域のコンサート情報 ◆

    東京都 江東区  7/13(金)・14 (土)  

    宮城県 仙台市  7/17 (火)

    山形県 白鷹町  7/20 (金)

    岩手県 一関市  7/23(月)

    北海道 札幌市  7/27 (金)


このブログでは、向井山朋子氏についてや、今回のコンサートに至るまでの5地域の活動、音への意識の変化などの点に触れていきます。




 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。        
                                向井山朋子

[PR]
by dahadahay | 2007-02-11 02:29 | ■「夏の旅」 日程■

about ブログ編集者・デザイン担当者
2007年 02月 07日  
□ ブログ編集者、記事作家・デザイン担当者 □

Yayo.jpg


「夏の旅」プロジェクト 札幌スタッフ 梅坪 弥代

短大卒業後、約10年間商社に勤務。
退社後、9ヶ月かけ、ヨーロッパ11ヶ国で300ヶ所以上の美術館や遺跡を巡り記録をとる。将来、ART関連の仕事をしたく、2年間、英国のCity and Guilds of London Art School と Glasgow大学で、美術と美術史を勉強。今秋よりカナダ大学に入学し、美術史を専攻予定。

カナダ大学入学前の現在、S-Airで英訳とAAF「夏の旅」のプロジェクトに従事。
「夏の旅」プロジェクトでは、5地域を巡り、そのレポートとともに、AAFの別プロジェクト四万十のサウンド・スケッチ(高知県)で8月に報告会を行う予定。

mail : Yayo
[PR]
by dahadahay | 2007-02-07 15:37 | スタッフ 彼是

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top