このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




カテゴリ:北海道 札幌市( 15 )
 

札幌公演 (7月27日)
2007年 08月 01日  
文  十河 清子 (オーディエンスの一人)

 様々な曲を聴いても、その時々それが心地よいというだけで音楽のことは分からない。
が、このコンサートのことを一言で表現するなら、「覚醒」である。曲に酔うどころか、感情(記憶)が浮上してきたからである。
 シューベルトの曲の流れにギーギー、ガーガーと騒音が侵入してくる。(自然音もあるにはあるが。) さらに人の声もガヤガヤ混入されている。(「パパ」、「月末の支払いが」どうとか。) 最初は何でこのような雑音が、と戸惑う。しかも音量が並みの大きさではない。
 エーッと構えると、曲そのものに戻りもするが、連動もある。
 一般的なコンサートが「酔い」であるとしたら、この空間は「揺さぶり」である。しかも、その振り幅は波のごとく大きい。こうした緊張と弛緩が休みなく繰り返されると潜在意識に届く。 
 日常の枠の中にいる時はそれなりに居心地も良いが、自らの思いを押し殺すこともある。このコンサートでは、封印しているドアが叩かれ、保留している問いがムクムクと顔を出す。おのずと己のテーマが押し出されてくる。
 耳をふさぎ、問いから遠ざかりたい人もいるだろうが、私にとってこのコンサートは心地よい相互扶助ではなく、覚醒というギフトであった。
 アートの真髄は脱出、打破という側面を持つと理解しているが、シューベルトそのものに多様性が内包されていると感じた。
 向井山さんの演奏を身近で観ると ―― 身体が意識化しているか、意識が身体化しているのか ―― 「統合」という言葉が浮かんだ。


wasted について (*)

生理と聞くと月をイメージする。朋子さんは月がふたつ。妙に納得。
月は変化する。この世は全て、常ならず。いいですね。物語性バツグンです。
60代なのが残念です。


  (*) 向井山氏は2009年のプロジェクト「wasted」の話をしました。
  詳しくは、こちらの↓公式websiteを見てください。
  http://www.wasted.nl/
[PR]
by dahadahay | 2007-08-01 19:10 | 北海道 札幌市

演奏を聴いて : 札幌のアンケート抜粋
2007年 08月 01日  

まるで展覧会を観ているような感覚でした。
向井山さんが話されていた「全ての人がアーティストだ」という言葉が印象的でした。
“アーティスト”という言葉に壁を作っていたのは自分自身であることに気づきました。
(30代・女性)

[PR]
by dahadahay | 2007-08-01 00:28 | 北海道 札幌市

7月27日 札幌公演
2007年 07月 30日  
写真  小牧 寿里 「夏の旅」 札幌スタッフ

e0114540_2029331.jpg


e0114540_20291825.jpg


e0114540_20293120.jpg


e0114540_20301093.jpg


e0114540_20295156.jpg


e0114540_20301919.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-30 20:27 | 北海道 札幌市

場 と 呼吸
2007年 07月 29日  
文  柴田 尚 「夏の旅」 札幌スタッフ

ピアニストはたいていピアノを選べない。
その場に行かなければ、どんな音なのかわからない。
そして、偶然出会ったそのピアノと対話し、可能な限り交流し、その能力を最大限に引き出そうとする。

でも、考えてみれば、
選べないのは、ピアノだけではない。
会場も観客もわれわれのような企画の協力者も・・・・

その選べない “場” をいかに楽しむことができるか。
その “偶然の出会い” から何を引き出すことができるか。
そして、その場で気持ちよく呼吸することができるか。

ピアノとピアニスト間の呼吸は、多数の観客を巻き込み、大きなうねりとなり、やがて企画全体、そして地域間にも派生していく。

「はあ」
「ふう」

おおきな息づかいとなって。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-29 11:02 | 北海道 札幌市

7月27日 札幌公演 (速報)
2007年 07月 28日  
文  黒崎 八重子 「夏の旅」 東京スタッフ
写真  小牧 寿里 「夏の旅」 札幌スタッフ

暗転。。

暗闇の世界に
光が差し込む
中心から光とともに優しさがこぼれ落ちる

東京では事件だった街の音が
仙台、山形、岩手、札幌と旅を経て
浄化され洗練された街の音ととなり

抗い対峙するものから
穏やかに静かに
拒絶したものが瓦解していくかのように

2007年7月27日金曜日
向井山朋子の優しさが際立つ体験を得る。

e0114540_20372331.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-28 10:22 | 北海道 札幌市

7月27日 札幌公演 (速報)-3
2007年 07月 28日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

ISSEY MIYAKE

e0114540_212469.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-28 09:02 | 北海道 札幌市

7月27日 札幌公演 (速報)-1
2007年 07月 28日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

札幌、コンサート&打ち上げ終了まで 快晴。
その後、雷雨。
全公演を周らせていただきましたが、実は、東京へ出発する早朝の7月12日も激しい雷でした。12日は空が割れて、ガラスの破片のように空の破片が落ちてくるかと思うほどの雷。
そして今は断続的に起きる雷。ネットが途切れやすくなっています。つい先程、停電がありました。
それゆえに、札幌 公演の速報記事、もう少々お待ちください。


公演前にパチリ。ベーゼンドルファーが使用されました。
e0114540_241384.jpg

e0114540_2415153.jpg


プロのカメラマンの方の写真をUP予定です。
お楽しみに !
[PR]
by dahadahay | 2007-07-28 02:42 | 北海道 札幌市

札幌の地下鉄音
2007年 07月 13日  
文     柴田 尚 「夏の旅」 札幌スタッフ
音編集  大黒 淳一 「夏の旅」 札幌スタッフ



向井山さんに送った札幌の音をひとつ紹介します。

コンサート会場のPATOSが地下鉄駅構内にあり、おまけに交通局の倉庫だったこともあって、すぐに思い浮かんだ音です。

あまり、他のまちの地下鉄で聞いたことのない「キュン、キュン」という近未来的な音がします。

札幌の地下鉄は、1972年のオリンピックのときにできました。調べてみると世界で初めての本格的なゴムタイヤの地下鉄だったようです。この独特の音はゴムとレールの摩擦の音だと思います。

http://www.city.sapporo.jp/st/subway.html

今回、何人かが録音にチャレンジしてくれました。

それで、わかったこと

・ どの駅でもよく聞こえるわけではない。
・ 入って来るときに聞こえやすい駅と、出て行くときに聞こえやすい駅がある。

など、駅によってかなり差があることがわかりました。

たぶん、空間の形や車両の種類によって違うのでしょう。


ちなみに札幌の音について何を思い浮かべるかを、MIXIの「さっぽろ」コミュニティで聞いてみたところ

・ 時計台
・ 市電
・ 地下鉄
・ 大通りの喧騒

など一般的なイメージのほかに

・ 雪を踏む音

などの雪国独特の意見もありました。

個人的には

・ 田舎と都会が入り交じった音

という抽象的な意見が印象的でした。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-13 14:19 | 北海道 札幌市

北海道新聞 (7月10日 夕刊) に載りました!
2007年 07月 10日  
e0114540_18232337.jpg
↑ 画像をクリックすると拡大表示となります。



■ 『夏の旅』札幌プロジェクト   Sapporo/Hokkaido  ■   最終地点

ターミナルプラザことにPATOS
‘ TERMINAL ’

 Friday, 27 July 2007   19:00開演   (18:30開場)

      料金 : 前売 2000円 / 当日 2500円
● お問い合わせ先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   (NPO S-AIR/エスエア内) TEL.011-820-6056

   お申し込み方法/住所、氏名、年齢、連絡先、枚数を記名し、
   下記までEメールかFAXでお申し込みください。

お申し込み先 : 「夏の旅」札幌プロジェクト
   shibata@s-air.org     FAX.011-820-6057

   会場 : ターミナルプラザことにPATOS
    北海道 札幌市 西区 琴似1条4丁目 地下鉄琴似駅 B2F

    TEL 011-612-8383     FAX 011-612-6656
[PR]
by dahadahay | 2007-07-10 18:23 | 北海道 札幌市

札幌観光案内 1 「札幌の食文化」
2007年 07月 06日  
文   柴田 尚 「夏の旅」 札幌スタッフ

札幌に来た方は、何はともあれ「北海道のうまいもの」に関心があります。

僕が席を置くS-AIRには外国人も含め、われわれも様々な土地からお客さんが来るので、よく食べに案内します。
今日は、札幌の食案内に関するいくつかの基本パターンを紹介しましょう。

● 魚介類

魚介類に関しては、居酒屋などはどこもそこそこいけます。しかし、最近のお勧めは「回転寿し」です。

実はここ何年もちゃんとしたお寿司屋さんには行ってません。なぜなら、回転寿しの味が向上したので、高い寿司屋に行くのはばかばかしくなったのです。

また、その土地ならではの珍しい食材を安価な価格で食べることができます。
いつもは1200〜1600円くらいですね。

*回転寿司サイト
http://sjs-net.hp.infoseek.co.jp/susi.html

この中でわれわれはよく「トリトン」というチェーン店を使います。

ここで試して欲しいのは、山わさびもの(普通のわさびより辛く香りが強い)、たこの子、炙り寿司(欧米人は特に好き)ですね。

● ラーメン

札幌に初めて来た人は必ずと言っていいほどラーメンを食べたがります。
ただし、地元の人は昔ほど食べなくなっているかも。
新興勢力のスープカレーに押され気味です。

とはいえ、まだまだ札幌で一番有名な料理と言ってもよいでしょう。

ラーメンの名店を上げるのはとても難しくなっています。
みそラーメンを生んだのは、「三平」と言われてますが、最近では人気ランキングの10位にも入らないことも。

次々と新しい店が生まれ、かなり流行に左右されやすいジャンルになっています。

最近は、札幌ラーメンシーンも濃厚な豚骨スープにとろにくの旭川ラーメンやあっさり塩の函館ラーメン、その他九州や各地のラーメンも進出してきて混沌としてます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/札幌ラーメン

僕が案内するときは、「濃厚」「淡白」など、そのお客さんの好みを聞いてから
紹介します。

好みのラーメンを探すには、
JR札幌駅となりのビックカメラ10階のラーメン王国がよいでしょう。
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/spot?sid=2PASW36Gh9SkE6rAsRsQedLqVuBKhmHwJOmACuDdiHO9pWDg

* ちなみにコンサート会場の近くには、小さいですが「山桜桃(ゆすら)」という人気店もあります。

● スープカレー

ラーメンが札幌の料理の王様ならば、こちらはニューウェーブといったところでしょうか。

ここ7.8年の間に専門店が数百軒に拡大しています。

この料理は札幌の料理といってよく、いわゆる普通のカレーっぽい味のものもありますが、大根やレンコンの入った和風の煮物料理といった感じのものまでかなり幅があります。

この突然のブームにはちょっとおもしろい理由があります。

30年ほど前から「アジャンタ」というお店が薬膳料理として始めたのが最初といわれてますが、ブームになったのは、「マジックスパイス(*)」というお店が誕生してから。

このお店の店主は東南アジアにかなり通っていた方で、インドネシアの「ソト・アヤム」というスープ料理にはまってしまった。かなりおいしく作れたのだけど、誰も知らない料理だから「カレー」と言って店に出したらブレイクしてしまったのです。

それが従来のカレーとミックスして、カレーっぽいものからスープっぽいものまで新しい料理のシーンができたのです。

また、野菜やお肉などがごろんと入っていて北海道の素材ともマッチした。

* 料金がだいたい1000円弱というのがたまに傷。ちょっと高め。
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/curry/index.html




追記 : 
管理人より
上記、スープカレーのお店、マジックスパイス絶品です。
なんと、アサヒビール熟撰の飲めるお店として、アサヒビールのサイトでも紹介されています。

コンサート会場 PATOS のある琴似駅から南郷7丁目駅まで、地下鉄東西線で約20分。
私の友人、香港人もカレーの美味しさに驚いていました。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-06 13:52 | 北海道 札幌市

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top