このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




カテゴリ:岩手県 一関市( 12 )
 

演奏を聴いて : 岩手のアンケート抜粋
2007年 07月 31日  

kuraとピアノ、まったくつながりがないような気がして、その2つが出会うということはステキなコトだと思いました。ステージからの左ななめうしろから見ていて、鍵盤と、左からの横顔、目線、背中・・・ 見つめていてドキドキしました。世界に入ったような感覚。いるのにいないような宙に浮かんでいるようなフシギな感覚になりました。聞きながら、別の所でいろんなことを考えている自分もいて、短く感じた時間でした。
(20代・女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家がピアノ教室で、現在向かいの家がリフォームの中という本日のコンサートのような中で現在生活しております。ので日常の延長のように聴くことができました。日常音とピアノがただ並列に鳴っているのが良かったです。あまり意図的に互いをからませてないように感じられ、もっとグチャグチャでも良いのでは、と思ってしまったぐらいです。あと、プログラム上、仕方ないとは思いますが他の作曲家、(特にメレディス・モンクやグヴァイドリーナ)の曲も聴きたかったです。
(30代・男性)

[PR]
by dahadahay | 2007-07-31 00:26 | 岩手県 一関市

7月24日 平泉 (花巻空港までの道中に ふらり)
2007年 07月 25日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

13:45分花巻発 札幌への飛行機に乗る前、平泉にほんの少し訪れることができました。
個人的な趣味で、木彫り、銅や鉄細工に目が行ってしまうのです。
e0114540_14524680.jpg

e0114540_14525825.jpg

e0114540_1453913.jpg


ゆーーーっくり歩きまわりたい心の「日本」空間でした。
なんとも言えない、この日差しも心地よかったです。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-25 14:53 | 岩手県 一関市

7月24日 猊鼻渓での舟下り :  一関市 東山町
2007年 07月 25日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

ツアー初、束の間の夏休み気分を味わいました。なんてったって、快晴!

e0114540_14231737.jpg ← 東山の猊鼻渓でのマンホールにも舟下りが! 
傘に遮られることなく、空から大地まで眺めまわせられるのは気持ちがいい!

札幌のマンホールでは鮭などの特産が表現されています。 


猊鼻渓は、砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷。河底は金?でキラキラ光っていました。東北での最後の「夏の旅」コンサートが終了し、宿泊者は朝3時頃まで語り合っていたにもかかわらず、猊鼻渓舟下りを朝から体験していました。この天気では寝てもいられません。
e0114540_14224618.jpg

折り返し地点で少し歩き、「うん玉」が入れば願いが叶うと言われている穴。
奇妙な形が気になりました。
e0114540_14225725.jpg

e0114540_14222829.jpg

 船頭さんの舟唄「猊鼻追分」に聴き入ってしまいました。
 趣がありました。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-25 14:24 | 岩手県 一関市

夏の旅 岩手より
2007年 07月 25日  
文   神 麻子 「夏の旅」岩手スタッフ
写真  吉川 由美 「夏の旅」 仙台スタッフ

e0114540_859101.jpg

夕闇が迫る中、東山の米蔵の中にピアノの音が響きはじめました。

満席の場内は開演前から熱気に溢れ、息苦しいほど。

ステージに投影された黄色い光の中には、ピアノに向き合う向井山朋子のシルエット。

音と共に揺れ動く影を見つめながらのコンサートです。


「会場を音でぱんぱんにする」

とういう向井山さんの目論見が見事に成功し、場内を包み込むように設置されたスピーカーから流れ出る「まちの音」。その音は時にはピアノの音色をサポートし、時にはかき消し、そして静寂を生み出しました。東山では聞く事の無いだろう音が、蔵のなかにひしめき合って、少しずつひとつになっていったように思います。


実は、このコンサート前日の夕方、一日の日程を完了したところで、いままで見たことのないパワフルな夕焼けに出会いました。ぼこぼことした波状の雲が赤く染まり、空一面が立体的なグラデーション。65分というコンサートの最中に、何度もその光景が思い浮かびました。瞬く間に無くなってしまう夕焼けと、聞こえたそばから消えていく音が、どことなく似通っていたのかもしれません。


向井山朋子は、夕焼けも、砕石工場も、猊鼻渓も、東山の町並みも、たくさん食べたお餅も、会場も、人も、短い時間に起こった事柄全てを受け入れ、消化し、ピアノの前に座ってひとつの世界を作り上げたように、私の目に映りました。


たくさんの人に支えられながら、旅の折り返し地点を過ぎた岩手でのコンサート。最終地点札幌でもまた違うストーリーが生み出され、「夏の旅」はさらに変容していくのだろうと感じています。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-25 08:58 | 岩手県 一関市

7月23日 岩手公演 (速報)-4
2007年 07月 24日  
写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

岩手公演、向井山 朋子。

この衣装は、以前にオークションで落札したLanvin。
当時の向井山氏によるブログ記事↓
http://natunotabi.exblog.jp/5645416/

e0114540_17591537.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-24 11:59 | 岩手県 一関市

7月23日 岩手公演 (速報)-2
2007年 07月 24日  
文  吉川 由美 「夏の旅」 仙台スタッフ
写真  黒崎 八重子 「夏の旅」 東京スタッフ

昨夜のコンサートは圧倒的な音の空間、みんなの集中がいい緊張感をり出すすてきな時間でした。会場となった米蔵にも、町に現存する宮沢賢治ゆかりの採石場にも、時間の蓄積が感じられました。その重みとピアノの圧倒的な響きがクロスする、今までとまったく違う感覚のコンサートでした。

e0114540_18232786.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-24 10:22 | 岩手県 一関市

7月23日 岩手公演 (速報)-1
2007年 07月 24日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

岩手県一関市、晴れ。
公演初の快晴。北上するにつれ、暑くなる。

開演直前の様子です。

みうじっくらんど・ドレミ音楽教室のご協力で、多くの子供たちが岩手公演に来ていただきました。
e0114540_1831786.jpg

仙台、東京、大阪からのお客様もあり、会場は満席で、ピアノの後ろにも観客席が設けられました。
e0114540_1834454.jpg

「いこいの蔵」、猊鼻渓程近くの古い米蔵は非常に趣きのある内装です。
「夏の旅」では、毎回会場の特色が興味深く、4会場目の古い米蔵も発見がいろいろありました。入口には燕の巣もありました。

e0114540_184572.jpg

e0114540_1842445.jpg
仙台公演せんだいメディアテークは浮いているような柱の建物で、一つの響く大きな建物で、境がない開けた印象を受けました。その時、この「いこいの蔵」では、古い米の蔵が、音と演奏によって生まれる何かエネルギーのようなものでパンパンに脹らむようになったら嬉しいな、と思いました。そして、今日はその通りになったように感じました。

~ 神 麻子「夏の旅」岩手スタッフ : Artist Talk にて ~

[PR]
by dahadahay | 2007-07-24 09:04 | 岩手県 一関市

7月23日 岩手公演 Sold Out !
2007年 07月 18日  
e0114540_1148309.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-18 11:49 | 岩手県 一関市

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 岩手 ■
2007年 07月 08日  
文   神 麻子 「夏の旅」 岩手スタッフ


 猊鼻渓 

岩手県東山町(ひがしやまちょう)・・といえば、日本百景のひとつに数えられている猊鼻渓(げいびけい)!
ここは、東山町の中心を流れる砂鉄川が石灰岩を浸食してできた約2kmの渓谷。

およそ100mの断崖が両側にそびえ、そそり立つ岩の間を澄んだ水がゆったりと流れています。ここでは約90分かけて、船頭さんが唄う「げいび追分」を聞きながら、雄大な景色を堪能できる船くだりが楽しめます。

夏の旅 岩手へ参加予定の知人グループは、この船くだりをスケジュールに組み込んでいるよう。

猊鼻渓は開催地いこいのKURAのすぐ近くなので、皆さまも是非、船くだり体験を!

こちらから料金や時間を確認できます⇒
http://www.machinet.jp/geibikanko/


 東山和紙  

平泉・藤原氏の時代から伝わる東山和紙。現在この伝統を受け継いでいるのは4軒のみ。そのひとつが猊鼻渓脇の紙すき館。

店内には様々な東山和紙が並んでいます。

ひっそりとしていますが、お店のずっと奥の方がおすすめエリア。ぽってりとしたやさしい顔の和紙がたくさん並んでいます。ふかふかした感触。和紙は良いですね。

お一人様1000円で紙すき体験もできます。乾燥中だった体験作品は、どれも色鮮やかで個性的。和紙だけど、もったいなくて使えませんね、きっと。

紙すき館はこちら⇒
http://www.shokokai.com/higashiyama/html/kanko/k04b.html



 華(レストラン)  

いこいのKURAの斜め向いにあるレストラン。
1か月分の日替わりランチ(630円)一覧がもらえます。お目当てのランチを狙う、というのが地元流。特大エビフライ定食の海老は大きさ24cm(!)との情報も・・・

すぐ近くに役場があるせいか、作業着姿の団体様が入れ替わり立ち代り・・・。みんな勝手知ったる、という顔をしています。

週刊誌やら漫画本が置いているごくごく普通のご飯やさんですが、気取らず、騒がず(?)こんなところもおすすめです。



 東山軒  

東山商店街にあるお菓子屋さんです。
地元産の小豆で作った「きんつば」が有名・・・ですが、こちらは小豆が新鮮な11月~5月までの期間限定発売商品。残念ながら今の時期は販売していないとのこと・・・。
う~ん、そういわれると、食べたくなるのです。

これを聞いてから「きんつば」のことがとても気になっています。

同じくどうしても気になる方は、当日ご相談ください(笑)
[PR]
by dahadahay | 2007-07-08 00:40 | 岩手県 一関市

岩手 語り合いました
2007年 06月 04日  
文・写真   神 麻子 「夏の旅」岩手スタッフ


5月25日、岩手県盛岡市駅裏「アイーナ」内で「新時代の地域づくりプロジェクト2007」が開かれました。これは、毎月様々な方面で活躍している方を講師にお招きして、多彩な話題を提供しているサロンです。

今回は、岩手スタッフの神が、この「夏の旅」をご紹介してきました。

5都市協働プロジェクトということで、みなさん興味津々。

チラシにも興味津々。

どんな事をやっているのか、から始まり、岩手ももっと場所や人の「見せ方」を考えなきゃ・・・というお話まで、幅広く語り合いました。

岩手では、「アートとまち」を繋げたプロジェクトが、それほど多く行われているわけではありません。もっと、そういう土壌があるといいよね、というお話も出ました。

開催後のミーティングでは、当日のヘルプスタッフのお話もあったり・・・
e0114540_23294059.jpg

また、チラシを見ただけでは気持ちが動かない、でも聞けば聞くほど興味をそそられるプロジェクト。もっとアピールが必要、という意見もあり、これからいろいろな方法でPRしていかなきゃ!という気持ちを新たにした時間でもありました。
e0114540_23301618.jpg


この後は、駅前モスバーガーに陣取ってさらに懇談会が・・・。

ひとりひとりの感想をじっくり聞けて、とても良い体験となりました。

皆さまありがとうございます。

これから7月23日のコンサート当日まで、どうぞよろしくお願いします!

岩手公演詳細はこちら⇒

チケットに関してはこちら⇒

会場までの詳細地図もありますので、お気軽にお問い合わせください。(神まで)
TEL/FAX:019-623-1727  e-mail:jin@boushi.org



余談ですが・・・盛岡駅裏アイーナには10人の作家の作品が飾られています
4階アトリウムから天井へ向かって、たか~くそびえ立つのは、科学と芸術を融合した作家ピオトル・コヴァルスキーの「エレクトロニック・ツリー」太陽の位置によって色が変化するのです!確かに・・・行く時間によって印象が違います。盛岡にお立ちよりの際は是非覗いてみて下さい。
[PR]
by dahadahay | 2007-06-04 23:34 | 岩手県 一関市

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top