このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




カテゴリ:山形県 白鷹町( 16 )
 

演奏を聴いて : 山形のアンケート抜粋
2007年 07月 31日  

この滝野交流館という自然の中で、一編の映画をみているように様々な状景が目に浮かんできました。
なぜここでという、始めの感想でしたが、聞いているうちにここでやることの意味のようなものを感じました。
雨の音、せみの音までもピアノの音にくみ入れて、一つのメロディになっていたようでした。
(40代・女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常の音が編集・加工されスピーカーを通すと、まるで“化け物”のように恐ろしく感じられました。
日常に潜む恐怖みたいな。
(40代・男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろいろなことが、体をめぐりました。
クラシックのことはわからないけれど、演奏は体にすっと入りました。
今日のような人生を送りたいと思った。
やさしくてあたたかくて、心地よくて、刺激的で、強くて、そんな人で、私もありたい。
(30代・女性)

[PR]
by dahadahay | 2007-07-31 00:18 | 山形県 白鷹町

山形からの報告
2007年 07月 22日  
文  千田 祥子 「夏の旅」 山形スタッフ

山形・白鷹の会場。
ピアノの前には、
廊下からはずして持ってこられた蛍光灯が、青白い光を放ち、
譜面台を照らす明かりとして、白い丸い裸電球がひとつ、
ぽっかりとそこに浮かんでいました。

コンサートの主役は、向井山さんのピアノ、なのだけど、
でも、それだけではなかったかもしれません。
窓の向こうの木々の緑は、時間の経過とともに、
青い闇から、黒の闇へと、境を見せずに移ろっていきました。

そして雨と蜩とムシたちと小川の流れる音と、
今ここで聴こえる、自然の音たちとの共演。
そして、シューベルトとテン・ホルトと、「まちの音」。

人は生きている間中、旅をし、住まいを移していきます。
もしくは、周りの環境のほうが少しずつ変わっていくこともあるでしょう。
だから、どの「まちの音」に懐かしさを感じたり、今を感じたりするかは、
とても個人的なものであって、
けれども、今、ここに集っていて、ここで聴こえているのは、
ひとつの「日常」ではなくて、
聴いている人、それぞれの、
日常や歴史につながっていく音であるような気がしました。

そして、廃校となっていた体育館は、
この日、立派な舞台であり、またもうひとりの主役であり、
ライトを浴びて、とても誇らしげ。

ぽっかりと浮かんだ、白い明かりは、
浮かんでしまった魂のようにも見え、
私を、ここではないどこかで見守ってくれている誰かのようにも、
ここには居ない人たちが、この明かりから、
この場所の様子をのぞきこんでいるようにも思えました。

最後の最後、
シャッターのあるはずの枠だけが、白く浮かび上がります。
それは、こちらとあちらの境界線。
そのシルエットが、本当に美しく感じました。
日常と非日常、ここと、ここではないどこか。
そんな境界線、本当にあるのかしら?
実は、そんなもの、ないのかもしれなくて。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-22 09:07 | 山形県 白鷹町

がんばった ピアノ
2007年 07月 21日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

5地域の中で、この公演のみ向井山朋子は素足で演奏。
観客からの質問には 「実は素足はペダルが踏みやすい。」と。

e0114540_233388.jpg

山形のピアノは「スタインウェイD-274」

実は、コンサート前日、湿度90%以上のためにピアノが泣きました。
鍵盤にうっすら涙が出るように見える状態です。それで音が鳴らなくなるというハプニングも。

写真は除湿剤がピアノに設置された様子です。

当日も同じ湿度だったのですが、公演当日にピアノは美しい音を出しました。

向井山朋子 「今日、ピアノ、すごく頑張ったわ。」

向井山の弾く曲の切なさ、あるいは愛おしさが逆にピアノに伝わって泣いたのでは。。と考えてしまうほど素晴らしい演奏でした。
向井山が時折タオルで鍵盤を拭く様子も、何かピアノに話しかけているようにも見えました。。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 23:33 | 山形県 白鷹町

7月20日 山形公演-4
2007年 07月 21日  
写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

山形公演、向井山 朋子。
Vivienne Westwood (ヴィヴィアン ウエストウッド)

e0114540_1172672.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 04:18 | 山形県 白鷹町

7月20日 山形公演-3 : Artist Talk
2007年 07月 21日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

101名の観客と約30名のスタッフを交えてのArtist Talk。

e0114540_16271031.jpg

Artist Talkでは、毎回新しい発見があります。
近々、まとめてUPしたいと思います。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 03:28 | 山形県 白鷹町

7月20日 山形公演-2
2007年 07月 21日  
空と光とともに。

e0114540_057193.jpg
写真  吉川 由美 「夏の旅」 仙台スタッフ


e0114540_0573522.jpg

e0114540_0575314.jpg
撮影  横山 和浩 「夏の旅」 山形スタッフ


e0114540_057273.jpg
写真  千田 祥子 「夏の旅」 山形スタッフ



“扉を開けた時に吹雪がフワッと入ってきそうな感じで、光や空気、山の神がここから入ってそして、また帰って行く、そんな感じ。だから、このシャッターを開けたいと思いました。”
向井山 朋子

[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 02:57 | 山形県 白鷹町

7月20日 山形公演 (速報)-1
2007年 07月 21日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ 
   写真  千田 祥子 「夏の旅」 山形スタッフ 

山形県白鷹町、雨。
白鷹町はトトロの映画に出てきそうな風景。(サツキが走っていそう。。)
時間に川の流れのような感触があるなら、優しい感じ。

滝野交流館(旧:滝野小学校)の体育館での公演。
この写真では、現実感に溢れる「集会所」に見える。

[公演前]
e0114540_1624780.jpg

[公演直前]
e0114540_163027.jpg

向井山マジックで、前日会場は変身。
前夜のリハーサルでは、窓にびっしり虫がついていた。
それでも、ピアノの左にあるシャッターを開けっ放しにする、と決める向井山朋子。
e0114540_15242525.jpg

さらに、長いライトで照らすことに。 
「小学校の廊下」からの蛍光灯が大活躍。
e0114540_1537244.jpg

e0114540_15245485.jpg

公演スタート18:40から1時間の演奏中、空の色が徐々に変化するのが開けたシャッターから見える。 (7月20日 山形公演-2を参照。)

幻想的。

何匹かの虫の浮遊が曲にあって見え、予想していた大量の虫は現れない。(スタッフ一同、虫除けを徹底して塗っていたのだが。。)
蜩の鳴き声が演奏に合う。
e0114540_15255668.jpg


窓から聴こえる見える実際の町の音、採集されたまちの音、仙台公演に続き駆けつけたPA緒方氏、木造の体育館、それらと、軸である向井山朋子の演奏は、何か空間に大きなエネルギーを生む。

素晴らしかった!!

「まるで、木造の体育館が物語を話してくれているようでした。」という感想も。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 01:27 | 山形県 白鷹町

公演 前日
2007年 07月 19日  
文・写真  千田 祥子 「夏の旅」 山形スタッフ 


山形・2日目。

雨が降る前だね、とみんなが口々に言うほどの湿気、蒸し暑い一日。

今日は午後から会場に入りました。

東京・仙台と聴いてきて、山形はどうなってしまうのかしら、と思っていたのですが、“スタッフ誰もが、初めて見る滝野交流館”に、向井山さんがすっかり生まれ変わらせてしまいました。
みなさまどうぞ、お楽しみに。

明日の今頃が開演時間、という時に撮った、滝野交流館の入り口です。夏の夜は、夏至が過ぎてもまだ、こんなに明るかったのですね。
e0114540_920114.jpg


本番にあわせた夜のリハーサル。会場の裏側で、こっそり聴いていた電信柱。
つめたい月明かりのような、ほの暗く白い明かりも、湿り気にぼんやりと見えました。

e0114540_922860.jpg


夕方のラッシュに、米沢からは1時間10分ほど、山形からもいつもよりかかるかもしれません。どうぞ急がずあわてず、お越しください。


オマケ:
プログラムを折って、はさんで、ホチキス止め。なぜだか舞台の上に並んだ、コントのような4人衆(笑)。黙々と真剣に仕事をしてくださっているだけなのですが、妙に絵になっていて、右に演目を置きたくなりました。
e0114540_9204366.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-19 21:18 | 山形県 白鷹町

山形公演(7月20日)が近づいてきました!
2007年 07月 19日  
文   千田 祥子 「夏の旅」 山形スタッフ

山形公演が近づいてきました。

先週末、コンサート会場である滝野交流館などを会場に開催された、第13回白鷹紅花まつり。我が家の窓際では、萩野大日堂でいただいたプレゼントの紅花が、ここ数日、朝が来るたびに、花をふやしています。
e0114540_8445781.jpg

紅花は、今がちょうど花の盛り。

おでかけの際、助手席の方は道の左右をなんとなく探してみてくださいね。思わぬところに、一面の紅花畑が隠れていたりします。そして、風が吹くと、紅花がかさかさかさと、ちいさく囁く声が聴こえてきます。


追伸

当日いらっしゃる方には、虫除けスプレーをしてからお出かけいただくことをオススメします!
[PR]
by dahadahay | 2007-07-19 08:36 | 山形県 白鷹町

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 山形-2 ■
2007年 07月 02日  
文   齊藤 直子 「夏の旅」 山形スタッフ

 近くの土産や 


やまり菓子舗
http://www.yamari-kashiho.co.jp/index.html

明治44年創業で、現在は六代目の店主さんが頑張ってます。
ここのお菓子は様々な賞の受賞経験があり、どれを食べても本当に美味しくて外れがないのですが、私のお薦めは「もっちりどら」です!
皮に米の粉を使っていて、もっっっちりとした歯触りが楽しい上に、味も良いんです。
カスタードクリームやチョコレートが挟まっていますが、今なら期間限定(9月いっぱいまで)で「黒糖もっちりどら」が楽しめます。
黒糖の本場・沖縄から取り寄せたこだわりの美味しい黒糖を使い、上品な甘さに仕上がったとのことです。
荒砥駅近く、国道287沿いです。



産直市場どりいむ農園です。
http://www.shirataka.jp/doriimu/

とれたての新鮮な野菜・くだものの他、手作りの漬け物や生花まで白鷹町の特産品がたくさん!
私は、白鷹町に行くと必ずここで『白鷹町3.6牛乳』を買います。
ホットコーヒーに冷たいまま注いでも、香りと味が飛ばなくて、しっかりしたカフェオレが楽しめるんです。
いかにも作ったような牛乳っぽいにおいがしなくて、自然な香りと味が気に入っています。
また、以前イチゴのシーズンにここで買ったイチゴはビックリするほど大きい上に、甘みと香りが爆弾のように口の中ではじけました。
飛び上がるほど美味しかったです!
やっぱり、農業に力を入れる自治体の直営店だけあって、半端なものは置かないというような気合いを感じました。


白鷹町は、やまりさんの他にもたくさん美味しい和菓子屋さんがあります。
そしてもちろん、農産物の美味しさはお墨付き!
いろいろな美味しいものがあり、ここではとても書ききれません。
ぜひ白鷹の美味を探しに、白鷹町へお越し下さいね。
コンサートへお越しの際は、ぜひちょっと時間に余裕を持っていらっしゃることを強くお勧めいたします。
思いがけない味との遭遇が、あなたを待っているかもしれません。


 名物のおじさん、おばさん 

現在調査中です!
[PR]
by dahadahay | 2007-07-02 19:23 | 山形県 白鷹町

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top