このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




カテゴリ:宮城県 仙台市( 9 )
 

演奏を聴いて : 仙台のアンケート抜粋
2007年 07月 31日  

仙台のアンケート抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

録音と今実際に生で聞こえている音の区別がつかなくなって、不思議な感覚になりました。メディアテークのエレベーターと演奏がとてもマッチしているなと思い、後ろを振り向いて見とれていました。向かいのビルでは、ちょうどメディアテーク側が喫煙ルームらしく、次々と人がやってきては去って行き、オフィスの電気が消えていくのも、素敵な演出効果になっていました。
音楽の中にどっぷりとつかって、じっとしていられず、音楽のゆりかごの中に揺られている感覚になって、身体も勝手に動き出しました。私は、そんなわけで子どもに戻った感じになりました。全身で音楽を浴びている感じ・・・それはきっと明るいライトの力もあったのだと思います。
(40代・女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても素晴らしい空間でした。演奏中、数多くの事柄が回想されました。今の仕事のこと、家族のこと、人生・・・・etc.
(40代・男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダイナミックな力強いピアノタッチ!繰り返しのリズムの変化の中に、遠い時の流れ、大自然を感じました。街の音は、人と人の関係、生活、自分の過ぎた時間が映像になり重なりました。観客も風景の中に溶け込んで見えました。
(50代・女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めはグッと力が入ってひきこまれたけど、中盤くらいかな?そこから今の自分のことがガッとでてきて、こうだよ、こう、みたいに、笑顔でいられる方に連れてってもらえた。なんか不思議な感じでした。また、感じてみたい。
(30代・女性)

[PR]
by dahadahay | 2007-07-31 00:17 | 宮城県 仙台市

変容する向井山朋子
2007年 07月 25日  
文  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

先日の仙台公演の打ち上げにて、向井山朋子にまつわる貴重なエピソードを聞きました。
アサヒビール芸術文化財団加藤事務局長は、15年前に初めて向井山朋子とアコーディオンの演奏家による演奏を聴く。
素晴らしい、と感動する。それ以来の付き合い。
(AAFの歴史7年より、向井山朋子とアサヒビールは長い歴史を持つことを知りました。)
ある時、加藤氏の好きなバッハを弾いてもらうことを頼む。
初めは、『バッハは弾かない。』と向井山朋子。

結局その後、弾いてもらったとき、加藤さんの納得のいかない場所がある。
ここには休止符がほしい。しかも3拍ぐらいのばすフェルマータ付の休止符である。と加藤氏は思う。
しかし、『それは、譜面に書いていない。楽譜に書いていないことは弾けない。』と当時の向井山。

「ところが、今では、まちの音とシューベルト、シミオン・テン・ホルトをリミックスしている。譜面に書いていないことをしている。
そして、その曲も、素晴らしい。」

向井山、『伊東豊雄氏設計のせんだいメディアテークで今回弾き、偶然にも昔、東京にある伊東氏による建物でピアノを弾いた時のこと。雨が激しくて、その屋根のトタンにあたる音が気になって気になって仕方がなかった。うまく弾けなかった。でも、今は、外から来る音を取り込める。』
(実際、仙台公演中に聞こえた、外からのバスの音は、自然に曲に合っていました。)
加藤氏 「年をとれば、人はかわるんだよ。」
Artist Talkでは、シンガーである観客から、「通りすがりの人のことが頭になく、ただ通りで歌っていても立ち止まって聴く人はいない。でも、通りすがりの人に聞いてもらいたい、と空気、空間を共有する気持ちがあると、人は立ち止まり耳を澄ます。今日、向井山さんの演奏を聴いてそのことを一層感じました。」と。
向井山も『インスタレーションとは、物(建物、ピアノや椅子)と演奏者だけを考えるのだけではなく、聴き手全てを含めて時間、空間を共有すること。』

外からの音もまた、作品の一部にしてしまう今の向井山朋子。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-25 18:03 | 宮城県 仙台市

仙台から報告
2007年 07月 18日  
文  吉川 由美 「夏の旅」 仙台スタッフ
写真  尾崎 亜美 「夏の旅」 仙台スタッフ

仙台から報告です。
向井山朋子はプロジェクトの名人です。
初めて出会ったその場所で、彼女はどんなふうに空間をしつらえるかひたすら考える。
そして、プロジェクトのメンバーに思いもよらないオーダーをするのです。
それはちょっと高いハードルです。
メディアテークでは、だれもやったことのなかったカフェごとコンサートスペース案でした。
伊東豊雄がデザインした完全なオープンスペース(たぶんメディアテークの本来の良さがもっとも出るたたずまい)を椅子と人のインスタレーションで構成し、シューベルトとまちの音をその大きな箱にあふれさせる。
それが彼女の今回のプランでした。
共催してくれたメディアテークのスタッフは、開演直前まで消防との折衝、プロジェクト・メンバーは、有料入場者と通行人の見物とをクレームなしに両立させる方法をあれこれ考え、カフェは営業利益を半ばあきらめつつ、お客の追い出しにかかり、関わる者にとっては、はらはらドキドキのプロセスを踏んでのコンサートでした。

街に溶け込むような白い空間。
照明で隅々まで白々と明るく照らし出されたスペースでコンサートは始まりました。
オーディエンスにとって、それは彼女のインスタレーションの構成物のひとつとしてその場にいることでした。
すべての観客はおそらく、そんな奇妙な感覚を感じつつ、心地よい緊張感さえ感じながらそこにいたと思います。
まちの音の現実感が、巧みなピアノの音色に混じり合います。
そのときシューベルトは古典ではありませんでした。
現代を生きる私たちの日々に寄り添うように美しい旋律は観客の心をかき乱しました。
そして、街のノイズに思わず涙がこみ上げてきました。

向井山朋子はまるで熱病のようです。
その熱病は夏の旅とともに北上しています。

e0114540_11581797.jpg

せんだいメディアテークのオープンスクエアという街に開かれた空間で行われたコンサート。
隣接するカフェを前々日に交渉して、コンサートの時間、営業保証なしに貸切にしてもらった。
フロア全体がインスタレーションと化し、向井山朋子とオーディエンスのつくり出した心地よい緊張感が何も知らないでフロアを通行する人までも作品の一部にしてしまった。
e0114540_115981.jpg

向井山朋子が決めた椅子の配置。伊東豊雄の作った大空間を最大限に生かし、オーディエンスと椅子でインスタレーションを作り上げた。コンサート後、2009年にはじまる彼女「wasted」というプロジェクトを紹介したアフター・トーク。
e0114540_11593122.jpg
照明はこの大空間を観客まで白々と照らし出した。
外から見たメディアテークの1階全体が、ステージのようだった。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-18 18:35 | 宮城県 仙台市

7月17日 公演 (速報)
2007年 07月 18日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ


仙台も雨。

伊東豊雄設計のせんだいメディアテーク内は、外の天気と反対に「晴れ」を感じさせる空間。

リハーサル中の向井山朋子。
e0114540_3222189.jpg

当初予定されていた「観客が自由に椅子を置き、好きな場所で公演を楽しむ」という案が、当日消防の申請上変更となり、急遽、向井山朋子と仙台スタッフにて椅子が設置される。
向井山さん提案の素敵なインスタレーションに早変わり。
(* 椅子も伊東豊雄氏のデザイン。)

e0114540_3223956.jpg

本日の観客数115名。

公演後のArtist Talk 中。
e0114540_964149.jpg

e0114540_910434.jpg


本日のファッション。
MAISON MARTIN MARGIELA (マルタン マルジェラ)
と、Alexander McQueen (アレクサンダー マックイーン)
e0114540_971312.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-18 03:23 | 宮城県 仙台市

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 仙台-2 ■ 
2007年 07月 16日  
文・写真  吉川由美 & 柴田修子 「夏の旅」 仙台スタッフ

いよいよ仙台の「夏の旅」です。
伊東豊雄の設計したメディアテークの白い空間に向井山朋子が「エネルギー」吹き込もうとしています。まるで仙台じゃなくなったみたい。

さあ、今からでも遅くない。
メディアテークにおいでください。開演は19時。

メディアテークから広瀬川の流れる西の方に1分歩いて突き当たりを右に曲がると、すぐに昔ながらの普通の瓦屋根の家が目に入ります。それは、仙台伝説の和菓子屋「売茶翁」(「ばいさお」と読みます)。お茶を志す方なら、ここの「みちのくせんべい」はご存じのはず。ここの主菓子もおいしいです。火鉢のある座敷にあがってお抹茶で召し上がってください。
喫茶は10時~16時30分。お店は18時まで。
お持ち帰りを包む紙は、仙台に昔から伝わる柳生和紙。ブックカバーにお勧めです。仙台の良さが凝縮されたお店です。
e0114540_12122937.jpg

e0114540_12124846.jpg

e0114540_12145490.jpg
おしゃれなギャラリーがメディアテークのお隣に。
コーヒーを召し上がりながら作品をごらんください。




そして、メディアテークの中にはクレプスキュール・カフェがあります。
http://www.smt.city.sendai.jp/smt/
仙台スタッフに一番人気メニューは、パリ島チャーハン。ボリューム満点で大満足のリーズナブル・メニューです。
e0114540_12173187.jpg


e0114540_12184291.jpgスイーツもなかなかおいしいですよ。

開演前にぜひどうぞ。


[PR]
by dahadahay | 2007-07-16 12:15 | 宮城県 仙台市

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 仙台-1 ■ 
2007年 07月 16日  
文・写真  吉川由美 & 柴田修子 「夏の旅」 仙台スタッフ
 
夏の嵐とともに夏の旅も北上。
仙台でみなさまをお待ちしています。
会場のせんだいメディアテークのまわりには、一度は行ってほしい仙台名所がいっぱい。
メディアテークの目の前は定禅寺通りという美しいケヤキ並木や光のページェントで有名な通りです。クロチェッティの「水浴の女」などを見ながら緑道を歩くと、両側に素敵なショップやギャラリーやレストランが並んでいます。
e0114540_11413067.jpg
そしてかわいいペットたちにもよくすれ違う。

一押しはメディアテーク斜め向かいのデザイン・ショップ「international」。あの世界的プロダクト・デザイナー木村浩一郎氏がオーナーを務めるショップです。彼がデザインした漆器は、ショッキングピンクだったり、ラインストーンがあしらわれていたり。ニューヨーク近代美術館、フランクフルト近代美術館のパーマネント・コレクションです。
e0114540_11415875.jpg


この並びにはオイスターバー、甘栗屋、老舗の:ケーキ屋さんが集中しています。

「かきや」
美味しい牡蠣(かつては牛タンなんかより仙台は牡蠣が有名だった)と焼酎が楽しめるオイスターバー。ランチはマグロ漬け丼やカキ丼、穴子丼、三色丼(ウニ、いくら、まぐろ)などもやっていて、これがまた美味しい!
最後の一口を食べ終わると、楽しみが終わった感じがしてとっても淋しくなってしまいます。。。
メディアテークの真向かいなので、さくっと1杯もいいかもしれないですね。
e0114540_11422734.jpg


「甘栗屋さん」
コロリン。道端に今日も一粒転がっていました。
イシイの甘栗屋さんの前を通ると香ばしい甘い香りが漂って、ついつい食べたくなってしまいます。
甘栗は栄養も高いので、疲れている時にも良いですよね。
時々店頭に試食が置いてあるので、お味見もできるよ。
e0114540_11425674.jpg


そのとなりには老舗ケーキ屋「甘座」(あまんざ)
ここのエクレアはとっても有名。
プリンが好きという人も、スクエアなチョコケーキがおいしいと言う人も。

このほかガラス工芸の店などもあります。
ちょっと早めに来て、お楽しみください。


[PR]
by dahadahay | 2007-07-16 00:43 | 宮城県 仙台市

仙台おいしい食の情報
2007年 07月 08日  
文 きりゆき 「夏の旅」 仙台スタッフ

来る17日は杜の都仙台で、もっとも美しい場所のひとつ、せんだいメディアテークで「夏の旅」のパフォーマンスが見られます。まだチケットに余裕あり。仙台に来たら、おいしいものも楽しんでね。

通の店、教えちゃいます。


****仙台おいしい食の情報****

仙台に来たら牛タンでしょ!
仙台と言えば牛タン。数々の牛タン専門店があれど、厚みと柔らかさ、そして量が多く地元っこ定番と言えば「利休」。ここ最近すごい勢いで店舗を増やし、あっというまに何と20店舗もあるそうな! 仙台駅の「牛タン通り」にも店舗がありますが、会場からは一番町店が一番近いと思います。漬け物がめっちゃ辛いので要注意!

  牛タン炭焼き利休
  http://r.gnavi.co.jp/t121616/


ずんだもちって何から出来てる?
知ってる人も多数でしょうが(笑) 正解は枝豆です。

伊達政宗が枝豆を打って(豆打・ずだ)から名称がきたといわれています。こちらも仙台駅にもお土産物がありますが、おすすめは「源吾茶屋」。西公園の園内にあり100年以上を誇る老舗。建物も趣があります。ラーメンとセットになった茶屋セットがおすすめ!

  源吾茶屋
  http://rp.gnavi.co.jp/sb/3001307/


超居心地のいいおすすめカフェ*
広瀬川のせせらぎを聴きながら・・・♪

実は仙台はお洒落なカフェが多くしかもレベルが高いんです! カフェモーツアルトアトリエはそのなかでもおすすめのひとつ。老舗カフェの2号店で珈琲の味はさることながら雰囲気が最高。一見バラバラに見えるアンティーク家具や、庭から入る日差しが心地いい場所。大人のカフェといった雰囲気でしょうか。

  カフェ モーツァルト アトリエ
  宮城県仙台市青葉区米ヶ袋1-1-13
  TEL:022-266-5333
  営業12:00〜22:00 年中無休 月1回(不定期)
  http://blog.goo.ne.jp/kinoko-kiri/



◎ 魚介類も美味しいです!

仙台駅1階の北辰鮨のランチメニューの丼は3種のネタがどーんと乗って凄いボリューム!お腹いっぱいになりたい方におすすめです(笑)

魚屋さんが経営してるとあってネタの新鮮さも自慢!
http://r.gnavi.co.jp/t072000/


食に貪欲な仙台のきりゆきでした☆
[PR]
by dahadahay | 2007-07-08 22:58 | 宮城県 仙台市

仙台の音採集
2007年 05月 14日  
文  吉川 由美 「夏の旅」仙台スタッフ

仙台では、4月2日からまちの音の採集を始めました。伊東豊雄氏の独創的な建築で世界的に有名な「せんだいメディアテーク」が仙台のコンサート会場。まちに開かれたかのような空間はまちの音としてシンボリック。そこで、ここで足音を録音することにしました。ひとりで、二人で、三人で・・・。オープンスクエアを歩いたり走ったりして録音する様は、まるでダンスパフォーマンスのよう。警備員さんが飛んでくるスリリングな一幕もありました。その後、私たちはそれぞれに生活のさまざまな場面で録音をすることにしました。その音の中でおもしろかったのは、人声や人の出す音。仙台のまちで生きている人たちのおしゃべりや、街角の人声の断片は、このまちで生きてきた人たちの人生のかけら。その断片から、私たちはとてつもなく長い時間や数え切れないほどたくさんの人間たちや大きな時代の流れなどを感じたのでした。
[PR]
by dahadahay | 2007-05-14 22:10 | 宮城県 仙台市

宮城県 仙台市
2007年 02月 15日  
■ 『夏の旅』仙台プロジェクト   Sendai/Miyagi  ■

せんだいメディアテーク  1階オープンスクエア

 Tuesday, 17 July 2007    19:00開演  (18:30開場)

   料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
● お問い合わせ先 : DAHA Planning Work TEL022-267-6622
  チケット取扱所 : 141プレイガイド (141ビル4階) 
              藤崎プレイガイド (藤崎本館7階)

   会場 : せんだいメディアテーク
   仙台市 青葉区 春日町2-1

   Sendai mediatheque, 1F Open Square
   2-1, Kasugamachi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi-pref
e0114540_23433618.jpg


共催  :  せんだいメディアテーク
協力  :  はっぴい・はっぱ・プロジェクト
問合先 : DAHA Planning Work
       TEL 022-267-6622

e0114540_0312388.jpg


チューブを柱とする近未来的な建築空間を持つ美術、文化施設。
会場は、ホールではなく、街に連続する1階のオープンスクエア。

e0114540_0313337.jpg


e0114540_0314417.jpg


建築家・伊東豊雄氏が設計した「せんだいメディアテーク」の、あの海藻のようにゆらめく、ねじれ傾いた鋼管柱の溶接を担当したのは、気仙沼市にある高橋工業で、この会社の全身は江戸時代から代々続く造船所だそうです!!

1992年、それまでの「海」の仕事から「陸」の仕事へと転身し、以来、造船の多様な技術、とりわけ鉄板を思いのままに曲げる加工技術を生かして、新しい分野を切り拓いてきたそうです!

伝統的な技術と、現代のアイデアが調和した「せんだいメディアテーク」。ここでの向井山氏のコンサート楽しみです!

下記のサイトでは、気仙大工道具の一部や解説が紹介されています。
http://www.inax.co.jp/Culture/2004g/09list.html
[PR]
by dahadahay | 2007-02-15 01:49 | 宮城県 仙台市

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top