このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




カテゴリ:東京都 門仲( 14 )
 

2007年7月13日 東京公演から
2007年 08月 30日  
画像編集 ・ 文   とらお  「夏の旅」 東京スタッフ

東京公演のショート・クリップは、向井山朋子のサイト↓で公開中。
http://www.tomoko.nl/SommerReisen.html


そろそろ今年の夏も終わりですね。
でも、わたしたちの旅は続きます。
またどこかで会えることを楽しみにしています。
[PR]
by dahadahay | 2007-08-30 19:10 | 東京都 門仲

★★「夏の旅」お詫びとFAXナンバー訂正のお願い★★
2007年 07月 16日  
「夏の旅」東京にご参加の方々へ

先日は門仲天井ホールにお運びいただきありがとうございました。
向井山朋子「夏の旅」は仙台を経て、明日は山形県白鷹町での開催です。

さて、先日東京会場でお渡しした、向井山朋子の次なるプロジェクト「wasted」のsignup用紙に記載されたFAX番号の末尾が誤っておりました。

このMLをご覧の方で用紙をこれからご返送される場合には、
(正) FAX 03-3820-8646 まで送付をお願いいたします。

また、先日お越しいただいた方の中でお知り合いの方がいらっしゃいましたら、この文面をご転送ください。
訂正告知にどうぞご協力をお願いいたします。

心からお詫び申し上げます。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-16 00:10 | 東京都 門仲

2007年7月14日 東京公演 2日目 (速報)
2007年 07月 15日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

雨。台風が近い。

“雨の音が愛おしく感じた。雨が以前はこんなに愛しかったかな。”
                     向井山 朋子 (Artist Talk にて)



開演ぎりぎり。桟敷席までいっぱい。
こんなに近い場所で、ピアノ演奏を聴ける、ピアニストを感じられるコンサートを見るのは初めて。

「向井山朋子」を準備万端で待っているように見えるピアノ。ピアノが生き物みたい。
e0114540_10191.jpg


窓の外で時折、夜の街の明かりが揺れていた。
その「光の揺れ」が、曲の波動と重なっているかのような幻想的な場面が印象的。
e0114540_056824.jpg



演奏終了後の「向井山朋子」はまるで花嫁のようであった。
今日はアオザイのようなドレス。CoSTUME NATIONAL
e0114540_104372.jpg


立ち去る瞬間。。。
e0114540_112433.jpg


演奏終了後はデザイナー菱沼良樹氏(Yoshiki Hishinuma)を迎えてのArtist Talk。

e0114540_113698.jpg

e0114540_114945.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-07-15 01:00 | 東京都 門仲

2007年7月13日 東京公演1日目 (速報)
2007年 07月 14日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

東京は蒸している。

門仲天井ホールに到着。
e0114540_2103410.jpg


門仲天井ホール8Fから見える景色。
e0114540_2105838.jpg


リハーサル後の向井山氏にバッタリ。まるで、何かを出し切ったかのような充実感と脱力感を少し漂わせる。

開場直後のホールの静けさ。
e0114540_211871.jpg


本番用ドレスに着替え、ホールに現われた「向井山朋子」には、先程の汗は感じられない。


<< 演奏 >>


演奏と後藤繁雄氏とのアフタートーク後の向井山 朋子氏。
本日は Victor en Rolf のドレス。
長時間ピアノを弾く体力を持つ必要性があるので、ピアニストはアスリートのようである。
168cm以上の長身で華奢に見えるが、弾く姿は力強い。


e0114540_2121572.jpg


e0114540_2122912.jpg



● AAF通信でのレポート ↓
http://www.asahi-artfes.net/report/?p=13
[PR]
by dahadahay | 2007-07-14 02:14 | 東京都 門仲

コンサート会場周辺の観光情報 ■ 東京 ■
2007年 07月 05日  
文   黒崎 八重子 「夏の旅」 東京スタッフ

門天ホールのある門前仲町にはB級グルメが目白押し。

心密かに門仲のゴールデン街と勝手に思い込んでいる「辰巳新道」。

5分程度で歩き終わる小さな小道ですが、両側にはびっしりとお酒が飲めて小腹を満足させてくれるお酒処があります。

その中で私がぜひお連れしたいと思うお気に入りのお店を紹介させていただきます。


一番のおススメ店は

■ しん作 ・・・「やき豚」、絶品です。豚肉といい、塩といい、タレといい、炭焼きといい、ひとつひとつに店主の拘りが伝わってきます。「かしら!」、このお店以上に美味しいと思ったお店はいまだありません。(お店:カウンター10名くらい)

「しん作」を通り過ぎて少し行くと辰巳新道の出口。

でも新道を抜けた先の店も見逃してはなりません。


■ だるま ・・・入口には赤提灯に「だるま」と記されていて、男前のおじいちゃんが店の前で、何気なーく声を掛けて案内してくれます。酎ハイ、無造作に焼酎が注がれている印象を持ってしまう程に濃い酎ハイ! ノンベーにはたまらんはずです。サラダの盛り合わせ、メンチカツに串カツ、ニラ玉。作り方、盛りつけ、出し方、量ともに、うっとりと眺めてしまう程に「カンドウ」です。 (お店:カウンター15名くらい+テープル20名くらい)


「だるま」から見て左手のこの店も。


■ 大阪屋 ・・・「煮込み」のお店。
明治時代から継ぎ足し継ぎ足し味噌に煮込まれた「煮込み」です。この味噌をご飯に掛けて食べたい! と誰でもが思ってしまうほど。この味噌に煮込まれている美味なる「煮込み」です。そして、最期の仕上げには煮込まれた「たまご」、もう絶品です。かならず食べてね。(お店:カウンター10人くらい)
閉店時間が早いので、コンサート前に立ち寄って、ちょぃとひっかけてからくる、という感じになりましょうか。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-05 08:40 | 東京都 門仲

読売に掲載されました
2007年 07月 03日  
文   神居ボンヌ 「夏の旅」 東京スタッフ

先日、6/30付の読売新聞朝刊の家庭欄 に「夏の旅」プロジェクトの記事が紹介されました。

e0114540_18151794.jpg
↑ 画像をクリックすると拡大表示となります。


フクザツなこのプロジェクトをわかりやすくまとめていただいているとともに「ラーメン」「パチンコ」の画面と「シューベルト」の文字の画面もインパクトのある記事に仕上がっています。

掲載当日は紹介された東京・門仲天井ホールの電話は鳴りっぱなし!

「おもしろそう!」
「チケットください!」
という声が全国から寄せられたとともに
「おたくはパチンコ屋なわけ?」
「高速道路の下に住んでるから、うちの音もとりにきてよ!」など
ざっくばらんな反応にうれしい悲鳴(と笑い)でした。

東京で公演ををやっていてなかなかない全国から反応があって、
「東京は遠いから、私は近くの仙台の公演希望」というリクエストは面食らった部分もあったけど新鮮でとても楽しかった、とは門仲天井ホールの黒崎支配人の弁。
各地のネットワークを活かしたこの企画ならでは感想といえるでしょう。

東京公演の本公演7/14分はおかげさまで売り切れ。
現在、追加公演の7/13(金)も残りわずかとなっています。
東京、仙台、山形、岩手、札幌の各会場お目当ての会場でこのワクワクしつつも
どうなるかわからない、ミステリーツアーのような「夏の旅」。
旅のはじまりはそろそろです。乗り遅れないためにもご予約はお早めにどうぞ。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-03 13:36 | 東京都 門仲

<『夏の旅』東京公演> 追加公演のお知らせです。
2007年 06月 21日  
e0114540_1918345.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-06-21 15:08 | 東京都 門仲

チラシのヒミツ
2007年 06月 01日  
文  神居ボンヌ 「夏の旅」東京スタッフ


新緑も目にまぶしい季節。
さらに目をしばしばさせてくれるものが門天に届きました。


<夏の旅>チラシです。


まず目に飛びこんでくるのはショッキングな写真!
うわお。
夏の旅?シューベルトの?まちの音?
でもこれ、●●●なんですけど。(●の部分はご想像ください)
関係やいかに。

そんな想像力をにょきにょき生やしてくれる今回の「夏の旅」のチラシです。
ここではその内容については、ヒミツにしておきます。
手に取ったあなたへの向井山朋子からのメッセージを多分に含んだチラシです。
本物を探してみてください。

東京近隣では会場となる門仲天井ホールのほかに、以下の場所で手に取れる筈です

■ アサヒアートスクエア (東京都墨田区/浅草)
■ ティアラこうとう (東京都江東区/住吉)
■ カメリアホール (東京都江東区/亀戸)
■ 森下文化センター  (東京都江東区/森下)
■ 古石場文化センター  (東京都江東区/古石場)
■ 砂町文化センター (東京都江東区/砂町)
■ シアターX (東京都墨田区/両国)
■ にしすがも創造舎 (東京都豊島区/西巣鴨)
■ 三田の家 (東京都港区/田町)
■ セッションハウス (東京都新宿区/神楽坂)
■  Plan B (東京都中野区/中野)
■ 世田谷美術館 (東京都世田谷区/用賀)
■ STスポット  (横浜市西区/横浜)
■ BankART (横浜市中区/馬車道)

品切れの場合はご連絡ください。
また、ほかの場所で手に取った方は是非コメント欄でお知らせください。
(手渡しもきっとあるはずですので)
ただ、チラシそのもののことについて触れるのはNG。
手に取った人だけが味わえる、びっくり感、わくわく感をお楽しみいただければと思います。

チラシからもそこはかとなく感じとれる、何が起こるかわからないスリリングな「向井山朋子」体験をお楽しみに。

そして7月14日現場に来た人は、
チラシから想像するのとはまた違った体験ができるはず。

東京公演チケットも先行予約をじわじわ受付中です。
席にはかぎりがありますのでご予約はお早めにどうぞ。

<東京公演>
日時:2007年7月14日(土) 19:00開演(18:30開場)
会場:門仲天井ホール 東京都江東区門前仲町1-20-3-8F
料金:前売 3000円 当日 3500円
共催:門仲天井ホール復P祭PJ
協力:AAFすみだ川アーツのれん会
問い合わせ先:門仲天井ホール「夏の旅」東京プロジェクト/クロサキ TEL 03-3641-8275
===============================================
<予約方法>

東京公演についてはこちらもご覧ください。

・公演名<向井山朋子東京公演 もしくは周遊券希望/二会場希望>
・申込者名
・希望枚数
・連絡先

を下記申し込み先までご連絡ください。
折り返し、予約確認と料金の支払い方法についてご連絡いたします。

<申込先> cdc
E-mail:acn94264@par.odn.ne.jp
FAX:03-3820-8646
TEL:03-3641-8275/ただし平日(火曜休館)の13~17時
住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町1-20-3-8F


☆他公演についてはこちらをご覧ください。
[PR]
by dahadahay | 2007-06-01 23:32 | 東京都 門仲

■ まちの音/TOKYO音採取 報告 ■ 3
2007年 05月 07日  
まちの音/TOKYO/採集ウォーキングツアー (リレー報告 / ボンヌ→とらお「音」編集長)
「門天ホールからまちへ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――

画像編集  とらお


[PR]
by dahadahay | 2007-05-07 21:22 | 東京都 門仲

■ まちの音/TOKYO音採取 報告 ■ 2
2007年 05月 03日  
まちの音/TOKYO/採集ウォーキングツアー (リレー報告 / 黒崎→ボンヌ)
「門天ホールからまちへ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――
文・写真  神居ボンヌ

以前からの興味もあって、東京について考えているので「東京」の「音」を採る、ということを聞いた時には頭がはてなマークで一杯になった。
「東京」だけでも難しいのに、「音」?

そう、東京は難しい。
もっと言えば「まち」っていうものはやっかいなものなんけれども、それでも「東京」というのはフクザツです。
大きなビルができた六本木も丸の内も同じ東京。
門天のある門仲天井ホールは、すみだ川をはさんだ東にある、東京。
全然違う。けど、東京。

そして「音」。

はたして門仲で撮った音が「東京」の「音」と言えるのだろうか?
そして東京の手触りを「音」で伝えられるのだろうか。

そんな疑問をいだきつつ、今回の旅の出発点、東京の門前仲町の音をとりに行きました。
それぞれ異なる録音機材(テープレコーダー、i-pod、ローランド。。。)とその場所での写真を撮ることを約束し、チームごとに場所を分けてそれぞれの音を探す、ということで一時解散。

4つのチームがそれぞれの音をとりました。
以下はそのチームのこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

□ 門天ホールのお膝元、寺町門前仲町を行く「門仲チーム」

e0114540_21322989.jpg
深川不動という大きな寺で栄えた町は、江戸のかおりをかすかに漂わせながらも、まちとしてある種の猥雑さを含んでいます(でもそれは東京にも、もっと言えば日本にも言えることなのかも)
境内での音とそのまわりで発展した結果としてのパチンコ屋やらの音。。参道の出店。
下町と言う言葉が含んでいる表面的な意味以外にもいろいろなことがついてきているような気がしました。

e0114540_2202953.jpg

□ 大きな公園のある地域を行く「木場チーム」
e0114540_2133378.jpg

門仲からちょっと東へ行くと、現代美術館も近くにある「木場地域」。
このあたりは江戸時代に建築資材の材木が貯木されていた場所だから「木場」。明治時代になって、「新木場」にその機能を移してからは、マンションや公園が立ち並ぶ住宅地域として整備されている少し人工的なにおいのする、でも人はあたたかい地域です。
しかしなかなかにこの辺りは多国籍。
e0114540_21335911.jpg

例えば公園でひとつの大きな木の下で涼む家族たち。
でも、そこで話されている言葉はバラバラ。

おそらく中国系の民族タイコ?の演奏をしている家族?の一団も。
e0114540_21345267.jpg

そして下町の風景も。おじいちゃん、おばあちゃんの話し方が下町なんですね。
道ばたで、喫茶店で話す彼らの話しぶりと内容の面白さったら!
 

□ 門仲から北にある繁華街(でもちょっと下町風味)を行く「錦糸町・亀戸チーム」

先ほど、門仲あたりが猥雑だと書きましたが、いえいえ錦糸町・亀戸に比べれば。
新宿・渋谷・池袋と同じ、「副都心」として位置づけられているこの地域。でもこの町は東京でも屈指の猥雑さで混乱した独特な雰囲気を持っています。
例えば、都会の象徴、スターバックスの傍らで流れる演歌。。。
下町と都会の融合ってところでしょうか。
この日は亀戸の亀戸天神で藤まつりが開かれていて、にぎやかでした。
バスの発射音、おまつりの音。。。
e0114540_1158057.jpg


□ すみだ川沿いを行く「川チーム」
e0114540_21433188.jpg
そう、そして忘れてはならないのが川です。すみだ川。
門仲を少し行った、森下というまちから出発して、川沿いのテラスへ出て門仲方面へ南下。
海につながる潮のかおりのする川には水上バスや屋形船、モーターボートなどさまざまな船が通りすぎていきます。
それから、遠くの方で聞こえるサイレン。両側の岸に広がるビル、高速道路を行く車。
川が開けている分、音が広く響くような気がします。
川の流れる音。釣りをする子どもと観光客のおじいちゃん。。。いろんなモノやひとが流れていきます。(でもその音を録音するのはなかなか難しい)


しかも川沿いのまちは静かです。家はあるのに面を歩いている人がほとんどいません。
相撲部屋で干されてスルメのようになっているマワシ、道路で普通に干されている鰹節。。
遠くの方で聞こえる川沿いの工事の音、住宅街から少し行くと現れる工場は休日でお休み。
e0114540_21442558.jpg

静かな音を撮るのは本当にむずかしかったです。(なのであまり録音機器には入らなかった音たちです)

それから、門天の近くにあるテーマパークのような寺院。
お賽銭を入れるとしゃべり出すえんまさま。(お金を入れないと教えてくれない。しかもお願いごとにお金を入れる場所が違うのに教訓の内容はほとんど同じ)
e0114540_21493946.jpg

このキッチュなかんじが元江戸、東京なかんじです。
(京都にはこのシステムはないでしょう)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

それぞれの採集が終わったあと、再び門天ホールに戻ってお互いの音を聞き合いました。
撮ってきた画像と音を合わせながら見るのですが、これが見てきた風景や聞いてきた音と全然違う!
これだと思って撮ってきた音がまったく入っていなかったり、自分の見てきた景色やそこにいた人の雰囲気だとかがかなり撮りたいもののファクターとして重要で、音で語ることの難しさを痛感しました。
その一方で自分が聞いていなかった「音」が入り込んでいたりして。
それはちょっとした物語を聞いているよう。
e0114540_11514636.jpg

そんなこんなで編集した音はCD-Rの形で向井山さんに届けられ、向井山さんの手によって「音楽」になるのでしょう。
これらの音が「東京」の音なのかは疑問に残る所なのですが、ほかの地域との音を比べるとまた違った思いを抱くことになるでしょうし、その時に「東京」の「音」に気づけるのかもしれません。
わたしたちの音が向井山さんの音楽にどのような形で寄り添うのか。
とてもとても楽しみです。

東京、門天はこのコンサートツアーの出発点。
そしてこのあたりはもっと昔、北へ旅立ったある芸術家の出発点でもあります。

    The monthes and days are the travelers of eternity.
    The years that come and go are also voyagers.
   (松尾芭蕉「奥の細道/The Narrow Road To OKU」 ドナルド・キーン訳)

音が私達の前に旅をして、音が旅から帰ってくる。音楽になって。
夏のはじまりのその日が待ち遠しい、そのような気持ちです。
e0114540_2146102.jpg

すみだ川を見晴らす松尾芭蕉像がある展望台の池から
[PR]
by dahadahay | 2007-05-03 21:46 | 東京都 門仲

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top