このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




夏の終わりに
2007年 08月 16日  
文  向井山 朋子

旅先では思いがけない不思議な出来事や、予期しない偶然がおこり、それが人を神妙に、そして少し幸せにする。


コンサート当日、よく知っているはずの東京を感傷的な街にしてしまった霧のような雨。


以前から一度、空間を体験してみたいと思っていた日本を代表する建築物、仙台メディアテーク。その空間いっぱいに意志を持ったように散らばったオレンジの椅子群。


裏山からの闇が、かえるやヒグラシの鳴き声とともに開いた戸から流れ込んできた白鷹山の麓の廃校。

コンサート前夜に平泉の平野に広がった朱色の夕焼け。


札幌でwastedの生理の話を最も共感を持て聞いてくださった優麗な60年代のご婦人グループ。



小さい子供の頃、楽しくたまらない遊びをすると翌日また同じ興奮を味わいたくて、繰り返しの実験をよくやった。

同じ場所で、同じ友達と、同じ時間に慎重に前日の一挙一動を反復するのだが、なぜか昨日のドキドキする感覚は戻ってこず、がっかりしたものだ。

私たちはもう大人になってしまって、シューベルト、街の音、住人の話し声が紡いでいったあの空気、普段の生活から切り取られたような特別の時がもう戻ってこないのを知っている。

だから私たちはまた新しい旅をする。

キラキラした時間を探して。
[PR]
by dahadahay | 2007-08-16 00:30 | 現在進行形の向井山朋子
<< 2007年7月13日 東京公演から 公演時のプログラム >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top