このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




夏の旅 岩手より
2007年 07月 25日  
文   神 麻子 「夏の旅」岩手スタッフ
写真  吉川 由美 「夏の旅」 仙台スタッフ

e0114540_859101.jpg

夕闇が迫る中、東山の米蔵の中にピアノの音が響きはじめました。

満席の場内は開演前から熱気に溢れ、息苦しいほど。

ステージに投影された黄色い光の中には、ピアノに向き合う向井山朋子のシルエット。

音と共に揺れ動く影を見つめながらのコンサートです。


「会場を音でぱんぱんにする」

とういう向井山さんの目論見が見事に成功し、場内を包み込むように設置されたスピーカーから流れ出る「まちの音」。その音は時にはピアノの音色をサポートし、時にはかき消し、そして静寂を生み出しました。東山では聞く事の無いだろう音が、蔵のなかにひしめき合って、少しずつひとつになっていったように思います。


実は、このコンサート前日の夕方、一日の日程を完了したところで、いままで見たことのないパワフルな夕焼けに出会いました。ぼこぼことした波状の雲が赤く染まり、空一面が立体的なグラデーション。65分というコンサートの最中に、何度もその光景が思い浮かびました。瞬く間に無くなってしまう夕焼けと、聞こえたそばから消えていく音が、どことなく似通っていたのかもしれません。


向井山朋子は、夕焼けも、砕石工場も、猊鼻渓も、東山の町並みも、たくさん食べたお餅も、会場も、人も、短い時間に起こった事柄全てを受け入れ、消化し、ピアノの前に座ってひとつの世界を作り上げたように、私の目に映りました。


たくさんの人に支えられながら、旅の折り返し地点を過ぎた岩手でのコンサート。最終地点札幌でもまた違うストーリーが生み出され、「夏の旅」はさらに変容していくのだろうと感じています。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-25 08:58 | 岩手県 一関市
<< 7月24日 猊鼻渓での舟下り ... 7月23日 岩手公演 (速報)-4 >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top