このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




がんばった ピアノ
2007年 07月 21日  
文・写真  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

5地域の中で、この公演のみ向井山朋子は素足で演奏。
観客からの質問には 「実は素足はペダルが踏みやすい。」と。

e0114540_233388.jpg

山形のピアノは「スタインウェイD-274」

実は、コンサート前日、湿度90%以上のためにピアノが泣きました。
鍵盤にうっすら涙が出るように見える状態です。それで音が鳴らなくなるというハプニングも。

写真は除湿剤がピアノに設置された様子です。

当日も同じ湿度だったのですが、公演当日にピアノは美しい音を出しました。

向井山朋子 「今日、ピアノ、すごく頑張ったわ。」

向井山の弾く曲の切なさ、あるいは愛おしさが逆にピアノに伝わって泣いたのでは。。と考えてしまうほど素晴らしい演奏でした。
向井山が時折タオルで鍵盤を拭く様子も、何かピアノに話しかけているようにも見えました。。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-21 23:33 | 山形県 白鷹町
<< 山形からの報告 小野川温泉(山形県 米沢市)での宿泊 >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top