このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




頭の中で交差する 今と200年前
2007年 06月 30日  
文  梅坪 弥代 「夏の旅」 札幌スタッフ

1年くらい前のことだが、シューベルト似の男性に半年くらい口説かれ続けた。
眼鏡をかけ、カーリーヘアーでぷっくりし、でも、背は高いイギリス男性。
オーストリア人ではない。

その男性はArtistであり、勉強は熱心だったが、彼の作品にも惹かれなかったし、彼女もいたのに口説く男として、この件は、私にはどうでもいいことだった。

こんなことは通常忘れ去られてしまうことだが、シューベルトのことを考えると、連想ゲーム方式で時々思い出す。
そして、このイギリス人のおかげか、200年前の人物が、ついこの間まで生きていたかのように感じる。肖像画を通して今見ることのできる、シューベルトの「感情の出ていない表情」だけではなく、笑い顔、真剣な顔が想像できるからであろう。。

「シューベルトの早い死を どうにかできなかったのであろうか。。。」と ふっと思う。

シューベルトは内的衝動から作品を書き、パトロンからの依頼をとることではなく、つまり、パトロンに依存せずに(できずに)、出版社に依存した。指揮者や音楽監督のような市民社会での保証を得る試みに失敗したのは、市民的な生活の束縛への妥協ができなかったのかもしれない。。完全に自由に制作したいという内的衝動があまりに強かったから。

友人の宿をつぎつぎ泊まり歩いたり、時には下宿をしてみたり、あるいは地方貴族に雇われての数ヶ月の家庭教師。。。自分をどこにいても“よそものだ”を感じていた人の音楽とも言われている。

シューベルトが結婚していたら、何か変化はあったであろうか?
定住し、家庭のためのエネルギーは 作品にどんな影響をもたらしたであろうか?

「もし、人(男)が、真の男友達を持つなら幸せである。 自分の妻に真の友人を見いだせるならより幸せである。」とシューベルトは書いている。

シューベルトには心に秘めた女性がいた。
残念ながら当時は、シューベルトクラスの若者が、家族を養う十分な収入の証拠なしでは結婚ができない時代であった。
メッテルニヒ政権によって1815年3月には公表された厳しい新法律では、シューベルトのような“school assistant(教員アシスタント)”として公的書類に載っている身分では結婚できなかった。

ウィーンに住む者で、
【貴族。官僚・公務員。大学院資格、など上級学位所有者。(公立学校や教育機関の教授や教員。) 弁護士(弁護士事務所で働く人。) 大家、地主。会社や工場所有者。】
これらに属する人々は、当局から結婚許可を必要としない。それ以外は結婚前に許可を申請すべし。

この枠で言うなら、私も結婚できない。


吉田秀和氏は「誰から注文されたわけでもないのに、音楽を書き、いつ演奏されるというあてもないのに音楽を書くということは、モーツァルトにも、ベートーヴェンにも、非常にまれな場合のほかには考えもおよばないことであり、彼らの作品は社会の中で消化される仕組みの中にあった。」 

シューベルトの作品は、溢れ出てくるにもかかわらず、当時の社会で消化されず。
シューベルトは、家庭という内なるものも、新法律などの社会状況ゆえ築けず。
さらに、極めつけは、治る見込みのない病にかかる。

その絶望感が、音楽を通して昇華されているかもしれないことに、あらためて様々なことを考えさせられる。
そして、これを書きながら、ゴーギャンを思い出す。
社会と家庭の両方で絶望感を持つ芸術家は時に、美しい作品を生み出す。。
このギャップは、実はここ数年気になっていることである。。



参考文献 : 
・ シューベルト ―音楽的肖像― アルフレート・アインシュタイン著、 浅井 真男 訳、 白水社
・ 吉田秀和作曲家論集 2 Franz Schubert、音楽之友社
・ The Peacock’s Tale : Schubert’s Sexuality Reconsidered, Rita Steblin, 19th-Century Music, Vol.17, No.1, Schubert (Summer, 1993), P.6.7

[PR]
by dahadahay | 2007-06-30 21:23 | スタッフ 彼是
<< コンサート会場周辺の観光情報 ... this is not art #4 >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top