このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




札幌観光案内 1 「札幌の食文化」
2007年 07月 06日  
文   柴田 尚 「夏の旅」 札幌スタッフ

札幌に来た方は、何はともあれ「北海道のうまいもの」に関心があります。

僕が席を置くS-AIRには外国人も含め、われわれも様々な土地からお客さんが来るので、よく食べに案内します。
今日は、札幌の食案内に関するいくつかの基本パターンを紹介しましょう。

● 魚介類

魚介類に関しては、居酒屋などはどこもそこそこいけます。しかし、最近のお勧めは「回転寿し」です。

実はここ何年もちゃんとしたお寿司屋さんには行ってません。なぜなら、回転寿しの味が向上したので、高い寿司屋に行くのはばかばかしくなったのです。

また、その土地ならではの珍しい食材を安価な価格で食べることができます。
いつもは1200〜1600円くらいですね。

*回転寿司サイト
http://sjs-net.hp.infoseek.co.jp/susi.html

この中でわれわれはよく「トリトン」というチェーン店を使います。

ここで試して欲しいのは、山わさびもの(普通のわさびより辛く香りが強い)、たこの子、炙り寿司(欧米人は特に好き)ですね。

● ラーメン

札幌に初めて来た人は必ずと言っていいほどラーメンを食べたがります。
ただし、地元の人は昔ほど食べなくなっているかも。
新興勢力のスープカレーに押され気味です。

とはいえ、まだまだ札幌で一番有名な料理と言ってもよいでしょう。

ラーメンの名店を上げるのはとても難しくなっています。
みそラーメンを生んだのは、「三平」と言われてますが、最近では人気ランキングの10位にも入らないことも。

次々と新しい店が生まれ、かなり流行に左右されやすいジャンルになっています。

最近は、札幌ラーメンシーンも濃厚な豚骨スープにとろにくの旭川ラーメンやあっさり塩の函館ラーメン、その他九州や各地のラーメンも進出してきて混沌としてます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/札幌ラーメン

僕が案内するときは、「濃厚」「淡白」など、そのお客さんの好みを聞いてから
紹介します。

好みのラーメンを探すには、
JR札幌駅となりのビックカメラ10階のラーメン王国がよいでしょう。
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/spot?sid=2PASW36Gh9SkE6rAsRsQedLqVuBKhmHwJOmACuDdiHO9pWDg

* ちなみにコンサート会場の近くには、小さいですが「山桜桃(ゆすら)」という人気店もあります。

● スープカレー

ラーメンが札幌の料理の王様ならば、こちらはニューウェーブといったところでしょうか。

ここ7.8年の間に専門店が数百軒に拡大しています。

この料理は札幌の料理といってよく、いわゆる普通のカレーっぽい味のものもありますが、大根やレンコンの入った和風の煮物料理といった感じのものまでかなり幅があります。

この突然のブームにはちょっとおもしろい理由があります。

30年ほど前から「アジャンタ」というお店が薬膳料理として始めたのが最初といわれてますが、ブームになったのは、「マジックスパイス(*)」というお店が誕生してから。

このお店の店主は東南アジアにかなり通っていた方で、インドネシアの「ソト・アヤム」というスープ料理にはまってしまった。かなりおいしく作れたのだけど、誰も知らない料理だから「カレー」と言って店に出したらブレイクしてしまったのです。

それが従来のカレーとミックスして、カレーっぽいものからスープっぽいものまで新しい料理のシーンができたのです。

また、野菜やお肉などがごろんと入っていて北海道の素材ともマッチした。

* 料金がだいたい1000円弱というのがたまに傷。ちょっと高め。
http://www.welcome.city.sapporo.jp/food/curry/index.html




追記 : 
管理人より
上記、スープカレーのお店、マジックスパイス絶品です。
なんと、アサヒビール熟撰の飲めるお店として、アサヒビールのサイトでも紹介されています。

コンサート会場 PATOS のある琴似駅から南郷7丁目駅まで、地下鉄東西線で約20分。
私の友人、香港人もカレーの美味しさに驚いていました。
[PR]
by dahadahay | 2007-07-06 13:52 | 北海道 札幌市
<< pen・・・オランダ特集 コンサート会場周辺の観光情報 ... >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top