このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




ピアニストによる作品の創造~向井山朋子の行方をめぐって (2)
2007年 06月 16日  
文  藤井明子 (愛知芸術文化センター愛知県文化情報センター主任学芸員)

1.コンサートを揺さぶる

 「私は、舞台と客席が二つに分かれていて、演奏者がきれいなドレスを着て、歩いて出て、おじきして、椅子に座って、弾いて、おじきして、おわりましたというコンサートは、もうあまりしたくないのです。」〔2002年7月に開催した向井山朋子講演会「コンサートの可能性」での発言、『現代音楽家シリーズ3』2005、64頁に採録〕


 私は愛知芸術文化センターという芸術文化施設に在職し、音楽の自主企画事業に携わっている。その一企画として、向井山に自分の活動について語ってほしいと講演を依頼した際、彼女は講演タイトルを「コンサートの可能性」とし、このように語った。事実、彼女は常に「コンサート」に揺さぶりをかけてきた。「コンサート」とは、ひとことでいうなら、演奏者が観客に対し音楽の演奏を提供する場である。西洋においては十九世紀に、日本においては明治以降の西洋音楽の受容とともに確立し定着してきた形態である〔渡辺裕、1990〕。現在の最も一般的な形としては、会場は舞台と客席が分離したホールであり、客席より一段高い舞台上の演奏者は、客席にいる観客に対して、音楽演奏を提供する。向井山は、こうしたコンサートのあり方に対して疑問を呈し、異なる形でのコンサートを自ら創り始めた。

 コンサートにおけるこうした固定化された演奏者と観客の関係を変えたいと主張する音楽家は、向井山に限らない。しかし今一歩、成功しない場合が多いのだ。その原因は、演奏者と観客の関係を一気に変えようとする直接的な方法にあると思われる。たとえば、観客席に座っていた人が突然演奏者となって演奏を始めたり、舞台上と観客席を演奏者が行き来して演奏したり、舞台上の演奏者が観客に参加しないかと呼びかける、などの方法である。もちろんポピュラー・ミュージックのコンサートなどでは、こうした方法が成功し「舞台と観客が一体となる」場合も多い。それは、演奏者だけでなく観客もそれを強く望んでいるからであって、クラシック音楽や現代音楽のコンサートでは、観客はあくまで「演奏者に対峙する観客」という役割・位置を確保しようとし、その結果、観客は演奏者の行為を共感することなく冷ややかに見つめ、演奏者と観客の関係を変える試みは失敗に終わりがちである。

 一方、向井山は、演奏者、観客という役割を変えようとはしない。もっと別のやり方で観客に近づいてくる。たとえば、2000年に彼女自身がプロデュースしたソロ・コンサート「アムステルダム×東京」を考えてみよう。向井山朋子の名前を日本の多くの聴衆に知らしめたこの公演は、オランダ・アムステルダム在住の向井山が、日蘭交流400年にあたるこの年に、日本とオランダの若手作曲家六人に直接委嘱し、オランダ・アムステルダムと日本・東京で世界初演作品ばかりを演奏したピアノ・コンサートだったが、特筆すべきはその空間だ。


e0114540_02818100.jpg

「アムステルダム×東京」(2000、スパイラルホール)
(写真撮影:デジタルPBX(ヨコミゾマコト+加藤弘行)



「会場に来たお客さんは、白いカーテンを開けて中に入ります。そこは床が白く敷き詰められ、千匹の金魚が吊るしてありました。天井から立体格子に吊られたビニールに水と金魚が一匹ずつ入っています。お客さんには金魚と金魚の間に座っていただき、その中で私は演奏しました。どうにか壁を取り払って、一人一人のお客さんと弾き手が違うコミュニケーションができないかと考えた末に、観客と演奏者との間に、もし違う生き物がいたら、それを介することによって、音楽自身や観客と演奏者の関係が少し歪むのじゃないか思ってやってみました。難しい話は別にしても、すごくきれいな空間でした。金魚は音がよく聞こえるそうですが、反応は全然しません。ハードな曲を弾いても、そ知らぬ顔で優雅に泳いでいる。すごく対照的でした。」〔『現代音楽家シリーズ3』2005、65-66頁〕


 演奏者と観客の関係を支えているのは、コンサート開催中に演奏者と観客が共同でつくる空間と時間の共有感覚である。「アムステルダム×東京」では、向井山はまずその「空間」の共有感覚を問題にした。そして、建築家の加藤弘行氏とヨコミゾマコト氏によるユニット「デジタルPBX」に依頼して、演奏者と観客の関係を変えるものとして、演奏者と観客の間に金魚が泳ぐインスタレーションを設置した。

 残念ながら私はこのコンサートを体験していないが、記録写真を見ると、千匹もの金魚が吊るされたその空間は圧倒的で、舞台と客席という隔たりを完全に取っ払っている。きっとこの空間で向井山は普通にピアノを弾いただけだろう。あとは観客に強要しなくとも、いつものコンサートとは違った何かを感じて帰るはずだと確信して。このように向井山は、観客にさりげなく、しかし逃れられないように、突きつけてくるのである。


 さらに向井山は、2003年から開始した「for you」というソロ・コンサートのプロジェクトで、今度は演奏者と観客の「時間」の共有感覚に揺さぶりをかけている。

 「for you」は、たった一人の観客のためのコンサートである。演奏時間は約十五分で、向井山の多数のレパートリーから二曲程度が演奏される。これらの点をのぞけば、他は全くふつうのコンサートと変わらない。つまり、彼女が“もうあまりやりたくない”と語ったスタイル―舞台と客席がはっきりと分かれた会場(ホールの場合が多い)で、演奏者は舞台袖から登場し、お辞儀をし、椅子に座って演奏し、またお辞儀をして舞台袖に消える、観客はそれを客席で鑑賞する―である。


「どうして私はピアノを弾いているのだろう、誰のために弾いているのだろうと考え始め「for you~あなたのために」という極端な形を提示することによって、何か見えてくるのではないかと考えたのが始まりです。

 大勢いる観客の一人として受身でなんとなく受け止めるのではなく、あなたがいないと成立しないという状況をつくって全部受け止めてもらう。私が出すものの認識のされ方や受け取る観客自身が重要です。観客は私が弾く音楽を通して自分というものに対峙する。」〔『現代音楽家シリーズ3』2005、74頁〕


 「for you」で演奏者と観客の間に生まれた時間の共有感覚は、私自身の観客としての体験から述べても非常に独特のものであった。観客も演奏者も真剣にならざるを得ず、観客であった私も非常に緊張した。そして、彼女の意図どおり、音楽の演奏を聴いたというより、その音楽に照らして聴き手が自分自身を振り返る時間なのだった。(注2)

 「for you」というコンサートでは、確かにピアニスト向井山朋子は、ピアノ曲を演奏したのだが、彼女が観客に伝えたかったのは、ピアノ曲(音楽)そのものではなく、その曲の演奏(音楽)を通じて観客との間に生まれる唯一の時間だった。「アムステルダム×東京」においては、どういった作曲家のどの曲を演奏するかというプログラムも重要な点であったが、「for you」では形態としては通常のコンサート・スタイルに則っているものの、通常コンサートを企画する際に最も重要な要素と考えられるプログラムは、それほど重要ではなかった。こうして彼女は、まずはコンサートという形のなかで、自分が表現し、伝えたい活動を試みた。
[PR]
by dahadahay | 2007-06-16 00:37 | 現在進行形の向井山朋子
<< ピアニストによる作品の創造~向... ピアニストによる作品の創造~向... >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top