このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




■ まちの音/TOKYO音採取 報告 ■ 1
2007年 05月 03日  
まちの音/TOKYO/採集ウォーキングツアー (リレー報告 / 黒崎→ボンヌ)
「門天ホールからまちへ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
文・写真  黒崎 八重子 「夏の旅」東京スタッフ

夏の旅ツアーに合わせて各地で行われている音採取のワークショップ、
東京は4/30にコンサート会場の門天周辺の音を取りに行きました。
テーマは「録る・撮る・採る」。

東京下町の音は一言でいったら騒音そのもの。特化してそれをめがけて録ろうと思っても騒音の中から音を切り採ることは難しい。ではと一本道を入れば無音とでも言ってしまえるような録音機には入らない音。。。

もっと自然に素直に、慣れ親しんでいる音、聞き慣れている音、日頃聞いているであろう音に耳を傾け耳をジャンボにしてみる。「日常も究めれば、かなり日常のものとは違う様相を呈し、何か異様な刺激を人間に与えはじめる」という赤瀬川原平さんの言葉(ちょっと古いが)を思い出し採集することに。

ワークショップのはじめはダンサーの手塚夏子さんのワークショップ。
テーマは「音を観察する」。
10分間、窓を開けて、いろんな姿勢で音を聴いてみる。
音を聞くだけではなく「音」を皮膚感覚として感じてみる。
音は聞くだけでなく感じる、触れる「音」でもあるのだ。
e0114540_21252052.jpg

はたしてそのような「音」を録ることが出来るものなのだろうか?

お昼ごはん休憩をはさんでテーマごとにチーム分けをして出発。

私の相方は、昨年の門天での向井山さんのコンサートにも来てくれ、その何年か前には向井山さんのワークショップに参加したことある渡辺さん。

さぁ、まちに出よう。
e0114540_2126016.jpg

[PR]
by dahadahay | 2007-05-03 21:26 | 東京都 門仲
<< ■ まちの音/TOKYO音採取... 5月3日 >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top