このプロジェクトを開催する5つのまちが運営するブログです。

2007年春のある日、東京、宮城、山形、岩手、北海道でまちの音を採集する目的で有志が集まった。砂利道を踏む足音、鬼ごっこをする子供達、ラーメンをすする音、新幹線のアナウンス、いつもは気にもかけない様々な音に耳を傾け、選択し、マイクでひろっていく。
7月に全国5地域をツアーするピアノコンサート『夏の旅』ではアーティスト向井山朋子がこのまちの音を編集し、『即興曲』を中心とするピアノ音楽のパートとして編み込んで新しいシューベルトを発表します。

   ◆ 各地域の コンサート情報はこちらから ◆

東京都 江東区 宮城県 仙台市 山形県 白鷹町 岩手県 一関市 北海道 札幌市


 旅に出るといつも考えることがある。
 知っている、ってなんだろうって。
 知っていたつもりだった事柄が、一瞬のうちに無効になったり、
 知らない場所の知らない人たちに妙に親しみを覚えたり。

 誰もが聴いたことのあるシューベルトの即興曲に、そこに住む人たちが
 集めた街の音のサンプルを織り込んでいく。
 それは東京から始まって、北に進む旅とともに少しずつ形を変え続ける。
 ゆっくりと、私達が「知る」まえに。
                                        向井山朋子




北海道での for you (2004年)
2007年 04月 06日  
文  梅坪 弥代 「夏の旅」札幌スタッフ

ピアニスト向井山 朋子は、札幌で何度かコンサートをしています。

2004年、for you は、札幌を含めた北海道3ヶ所で行なわれました。
e0114540_125293.jpg

 e0114540_23373897.jpg
for you in Hokkaido
「 森 ・ 空 ・ 海 」

昨日、2004年に北海道3ヶ所で行なわれた
for you の記録映像(DVD)を初めて見ました。
私、このブログ更新者、そして、この企画初参加者にとって、これは動いている向井山朋子を始めてみる機会。

1度目は音なしで見ました。

というのは、音に集中力がいかない分、向井山氏ピアノそれを聴く一人のオーディエンス、そして空間を客観的に見ることができると感じたからです。


音なしで見ていると、まるで、向井山氏は椅子に座りながら、踊っているようでした。あるいは、舞台で演じているかのように見えました。

e0114540_1302731.jpg
ピアノに向かって、大きなジェスチャーとともに熱心に何か話しかけているようでもあり、ピアノという堅い物体に人間的に接しているようでもあり、あるいは、コンテンポラリー・バレエでダンサーが椅子などを使用して、それを自分の一部として踊るタイプのダンスのようでもありました。

e0114540_1341557.jpg

映像では、一ヶ所、一人のオーディエンスのみ撮影されています。

美唄アルテピアッツァでの女性は、背後からのビデオ撮影ということもあり(?)、終始、動かず聞き入っているようでした。雄武町では、着物姿の女性が微動だにせず腰をかけていました。 

モエレ沼公園のガラスのピラミッドでの映像では、少女が聞き、その少女は足が動き出すのが押さえきれない様子。でも、(日本流?)のきちんとした姿勢(固まった姿勢)で聞かなければ、という意識によって、動き出したい揺れだしたい自己を押さえているように見えました。

演奏者がダンサーのような動きをし、劇的な音楽を演奏すると、聞く側も体が動きたくなることは自然なことのように感じるのですが。。。。

e0114540_140929.jpg

今回の「夏の旅」札幌のオーガナイザーでもあるS-Airの柴田氏が、2004年 for you を企画した時のコメントです。

 「森」は森の梺の古い校舎に彫刻と幼稚園が共存する美唄のアルテピアッツアを、
「空」はイサムノグチ考案の札幌のモエレ沼公園の中にあるガラスのピラミッドを、
そして、
「海」は日本でもっとも東に面するオホーツク海を望む朝日の名所、雄武町にある日の出岬展望台を舞台に決めた。


ピアニストと観客が二人だけ15分ずつのコンサートというユニークなこのプロジェクトでは、ピアニストとともに観客も主役だ。そしてこの北海道バージョンでは、観客は三つの空間から自分がピアノと向かい合う場を選ぶことになる。

ピアニスト向井山、もうひとりの主役である観客がピアノを通じてひとつの特別な出会いをつくり出す。北海道の大自然を背景にして。


ディレクター 柴田 尚


実は、向井山朋子氏ご本人が、映像や写真にて演奏会の記録を許可したことは少ないのです。
quote-1.jpg
コンサート中、演奏する側と聴く側の間には確実にエネルギーの交換が起こる
けれども、それは終わると、はかなくどこかに散ってしまう。あえてドキュメントとして残さないのが美しいからです。
quote-2.jpg

向井山朋子氏は、このエネルギーはどこにいくんだろう。。。ということを考え、自らの作品
の記録も考えるものの、今は納得できる方法を模索しているようです。。


■ LINK ■  特定非営利活動法人 S-AIR
           for you in hokkaido 「森・空・海」
[PR]
by dahadahay | 2007-04-06 00:40 | スタッフ 彼是
<< 2007年 4月 “for you” について ... >>

カテゴリ
全体
■「夏の旅」 日程■
東京都 門仲
宮城県 仙台市
山形県 白鷹町
岩手県 一関市
北海道 札幌市
現在進行形の向井山朋子
English Information
スタッフ 彼是
以前の記事
タグ
Link




Mukaiyama.jpg

wasted_3.jpg




■ 主催 ■


2007sumida-logo-2.jpg





■ 特別協賛 ■

asahi-logo.jpg


アサヒビールメセナ 
22号
(2007年12月3日発行)


Yayo.jpg


■ 助成 ■

zaidan-logo.jpg


koninkrijk.jpg

Gaudeamus.jpg


■ 協力 ■

Tomoko Mukaiyama Foundation



□ その他 □

 


□ ブログ 管理者 □
Yayo.jpg
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Japan-map-line1.jpg
  「夏の旅」 2007 
Top